シェービング

カミソリ負けの原因と治し方!髭剃りで赤いブツブツを作らないための秘訣

カミソリ負け

髭剃りをした後にできる赤いブツブツや肌のヒリヒリ感などの「カミソリ負け」。

カミソリ負けを避けるためにも、シェービングクリームを使ったり電気シェーバーを使って慎重に髭剃りをしている方も多いでしょう。

しかし、ふとした拍子にできてしまうのがカミソリ負け。カミソリ負けは肌の痛みだけでなく、清潔感に欠けてしまうので見た目にもマイナスですよね。

そこで今回は、カミソリ負けの原因をはじめ、カミソリ負けしないための対策や治し方を紹介していきます。

そもそもカミソリ負けとは?

カミソリ負け とは

そもそもカミソリ負けとは、カミソリで肌が傷つき、細菌が入り込むことで赤いブツブツや痛みが引き起こされる肌トラブルのこと。病名としては「尋常性毛瘡(じんじょうせいもうそう)」と言います。

また、赤いブツブツや痛みがなくても、髭剃りをした後にかゆくなる場合は軽度のカミソリ負けです。

さらに、毛が太いあごひげや口髭は、肌が受けるダメージが大きく、悪化しやすいので注意が必要です。

カミソリ負けの症状

カミソリ負けの主な症状は、「赤いブツブツとした発疹」「出血」「広範囲のかゆみや膿」「稀に強い痛み」です。

カミソリ負けは治ったりできたりを繰り返し、キレイに治らないのでしっかりと対策を取りましょう。

カミソリ負けになる5つの原因と対策

カミソリ負け 5つの原因

まずは、カミソリ負けを引き起こす原因についてしっかり理解しておきましょう。カミソリ負けになる5つの原因を紹介していきます。

1.乾燥した肌を剃っている

カミソリ負けをしないための5つの対策

顔に何も塗らずそのままカミソリで剃る「から剃り」は、肌へのダメージがとても強く、カミソリ負けの原因となります。

乾燥した肌は肌のバリア機能が弱っている状態。乾燥した肌を剃ると、皮脂膜が傷ついて細菌やアレルゲンが侵入しやすく、カミソリ負けになりやすいです。

いくら正しい剃り方をしても、肌が乾燥していてはカミソリ負けになる可能性が高いので、何よりも乾燥を避ける…というのが大切です。

対策:プレシェーブローションかシェービングジェルを使う

プレシェーブローションやシェービングジェルは肌を保護してくれる上に、ヒゲを柔らかくして剃りやすくしてくれる優れものです。

T字カミソリを使っている方だけでなく、電気シェーバーを使っている方も必ず使うようにしましょう。

特に、ジェルタイプのものは肌の上で伸ばしやすく、色も半透明なので、剃り残しを確認しながら剃ることができおすすめです。

【参考】シェービングジェルで髭剃り負け0へ!

2.カミソリや電気シェーバーのお手入れをしていない(刃を交換していない)

カミソリや電気シェーバーのお手入れをしていない

カミソリや電気シェーバーのお手入れをサボると、雑菌が繁殖してカミソリ負けしやすくなります

また、使い続けることで切れ味が悪くなり、なんども同じ箇所を剃る必要があるのでカミソリ負けの原因になります。

お風呂のような湿気の多いところに放置したり、替刃交換の時期を守らないのはNG。カミソリも電気シェーバーも、使用後はよく水洗いして、しっかりと乾燥させるのが基本です。

直接肌に触れるものなので、カミソリ負けのリスクを減らすためにも、清潔なカミソリや電気シェーバーを使うようにしましょう。

対策:カミソリの刃の寿命を把握して、適宜交換する

カミソリや電気シェーバーの刃は定期的に新しいものに換えるようにしましょう

カミソリの刃が錆びていたり、切れ味が悪くなってきたなと感じたら取り換え時。毎日髭剃りをする方は以下が目安です。

  • カミソリ:1週間程度
  • 電気シェーバー:1年〜1年半

3.逆剃りをしすぎている

カミソリ負け 逆剃りをしすぎている

いくら清潔なカミソリを使っても、誤った剃り方をするとカミソリ負けしてしまいます。カミソリ負けを起こす原因として代表的なのが「逆剃り」です。

毛の流れに逆らい、下から上に向けて剃る「逆剃り」は、皮膚まで引っ張られてしまうため肌荒れしやすいです。

対策:正しい剃り方でシェービングを行う

毎日行う髭剃りですが、意外と正しい剃り方を知らない人が少なくありません。少しでも肌に与える負担を減らすために、正しい剃り方を覚えておきましょう。

シェービングの際は、軽く優しく剃ることを心がけてください。強い力で何度も剃ることはNGです。

そして、カミソリを使うときは基本の「順剃り」で。順剃りは毛の流れに合わせた剃り方なので、肌への負担を抑えることができます。

肌への負担を最小限にしつつキレイに剃るためには、まずは基本の順剃りで全体を剃り、毛が残った部分だけ逆剃りするのがポイントです。

4.同じ場所を何度も剃ったり必要以上に力を入れて剃っている

同じ場所を何度も剃ったり必要以上に力を入れて剃っている

出勤や通学前の慌ただしい朝は、時間に余裕がなく、つい髭剃りも雑になりがちですよね。

何度も同じ場所をシェービングすると、お肌がボロボロ状態になってしまいます。一度剃るだけでも肌にとっては大きな負担になるのに、何度も何度も力を入れて同じ場所を剃り続ければ、ダメージはどんどん蓄積されることに。

特に皮膚が薄く、ダメージを受けやすい口周りは注意が必要です。

対策:シェービングクリームを使おう

シェービングクリームなどをつけて、少しずつ丁寧に剃りましょう。時間の余裕を持って髭剃りをすることが大切です。

【参考】おすすめのシェービングクリームまとめ

5.アフターケアをしていない

髭剃り 肌荒れ 原因

髭を剃ると肌の角質も一緒に削れてしまい、上記の図のようなバリア機能が低下した状態になって、カミソリ負けしてしまいます。乾燥肌は菌が入り込みやすく炎症も起こしやすいので、シェービング後は必ず保湿ケアを行いましょう

対策:化粧水で必ずアフターケアを行う

化粧水を使うことで、肌のコンディションが整い、肌荒れがしにくくなります。髭剃りをして洗顔をしたらすぐに化粧水を使う…習慣にしましょう。

化粧水を使っていないという方は、下記記事を参考にどうぞ。メンズ用の化粧水をおすすめ順にランキング形式でまとめています。

【参考】メンズ用化粧水のおすすめランキング

カミソリ負けしてしまった時の対処方法

カミソリ負け 治し方

カミソリ負けをしてしまったら、なるべく早く炎症を抑えたいですよね。あまりにも症状がひどかったり、長期間治らなかったりする場合は病院に行くことをおすすめしますが、市販の薬でもカミソリ負けの症状を抑えることができます

症状が軽いカミソリ負けなら、メンソレータムやオロナインを使って自宅で治療できるので、是非使ってみてください。

ヒリヒリ感や赤いブツブツにはメンソレータムを使おう

メンソレータムにはワセリンが配合されており、このワセリンがカミソリ負けには効果大です。

ワセリンは肌の水分が逃げるのを防ぎ、外部の刺激から守ってくれるという角質層と同じような働きをしてくれます。なので、傷ついた角質層が元に戻るまでの間、角質層の代わりに肌を守ってくれるのです。

スースーした清涼感が心地よいですが、しみることはないので安心して使えます。ヒリつきや肌の赤みなどのカミソリ負けには、メンソレータムがおすすめです。

出血してしまった時はオロナインH軟膏を使おう

オロナインH軟膏

出血してしまった場合は、傷にも効果があるオロナインを使うのがおすすめです。

オロナインには、殺菌作用や止血効果のある成分が含まれているため、出血の伴うカミソリ負けにはピッタリ。

ドラッグストアなどで手軽に手に入れることができるので、応急処置用に持っておくと便利ですよ。

カミソリ負けから解放されるためにはヒゲの永久脱毛がおすすめ!

カミソリ負けしないように髭剃りに気を使っていても、敏感肌や肌が弱い方はカミソリ負けしてしまいますよね。髭剃りをするたびに肌荒れしてしまい、髭を剃るのが嫌になっている男性も多いでしょう。

そんな方におすすめなのがヒゲの永久脱毛。ヒゲを永久脱毛してしまえば、髭剃りをすることがなくなるので、必然的にカミソリ負けもなくなります。カミソリ負けに悩んでいる方はヒゲ脱毛を検討してみてくださいね♪

【参考】ヒゲの永久脱毛ができるおすすめのクリニック一覧

カミソリ負けに関するQ&A

最後に、カミソリ負けに関してよくある疑問を、Q&A形式でまとめたので参考にしてください。

Q1:T字カミソリと電気シェーバーはどちらの方がカミソリ負けしやすいの?

A:T字カミソリの方がカミソリ負けしやすいです。

T字カミソリが刃を直接肌にあてて剃っているのに対し、電気シェーバーは内刃と外刃を使って髭を挟んで剃っているので肌への負担が少ないです。

深剃りしやすくキレイに剃れるという理由からT字カミソリを愛用している人も多いですが、肌への優しさを重視するなら、電気シェーバーを使うことのがおすすめ

肌トラブルに悩んでいるカミソリ派の方は、電気シェーバーに変えることで大幅にカミソリ負けを改善できる可能性があるので、試してみてください。

【参考】電気シェーバーのおすすめランキング

電気シェーバー おすすめ
メンズ電気シェーバーおすすめ口コミランキング2019!深剃り&肌に優しい商品を厳選して紹介

Q2:電気シェーバーでもカミソリ負けはする?

A:電気シェーバーでもカミソリ負けをすることがあります。

安全性が高く、カミソリ負けが起きにくい電気シェーバーですが、カミソリ負けをすることもあります。

というのも、電気シェーバーの方がカミソリに比べて肌への負担は少ないですが、摩擦が全くないわけではないからです。

電気シェーバーを使う場合でも、プレシェーブローションシェービングクリームを使ってヒゲを剃りやすくしましょう。

Q3:アフターケアに化粧水と乳液の両方は必須?

A:最低限、化粧水を使いましょう。

何もしないよりは化粧水だけでもつけた方が良いですが、乳液までは必ずしも必要ありません。乾燥肌の方は乳液を使った方がいいですが、乳液を使うとニキビができやすいので注意が必要です。

また、二つも使うのが面倒だ…という方はオールインワンタイプのものを使うのもおすすめです。オールインワンは、化粧水と乳液両方の役割を兼ね備えたもので、これ一つで髭剃り後のケアと日常のスキンケアをまかなえます。

【参考】オールインワンのおすすめランキング

メンズオールインワン化粧品おすすめランキング2019!たった1本の簡単スキンケアを始めよう
メンズオールインワン化粧品おすすめランキング2019!たった1本の簡単スキンケアを始めよう

Q4:男性にとって脱毛は行きにくいのですが・・・

A:通いやすいクリニックも増えています。

脱毛クリニック(脱毛サロン)というと女性が通っているイメージが強いかもしれませんが、近年は男性専用のクリニックも増えているので通いやすいですよ。

髭剃りを続ける限りカミソリ負けの悩みはなくなりません。今は男性の脱毛も珍しくはないので、肌に優しく確実な方法を探しているなら、ヒゲの永久脱毛を検討してみてください。

【参考】ヒゲの永久脱毛のメリット総まとめ

ヒゲ 永久脱毛 効果
ヒゲの永久脱毛にかかる回数や費用・脱毛効果について徹底解説!後悔しないために知っておくべき5つのこと

また、ヒゲ脱毛の様子を詳しく知りたい…という方は、ダンリード編集部で実際にゴリラクリニックへ行った体験談をご覧ください、

【参考】ゴリラクリニック銀座院へ突撃!

ゴリラクリニック ヒゲ脱毛
ゴリラクリニックのヒゲ脱毛を体験!痛みや効果、費用に関する口コミを徹底検証

まとめ:カミソリ負けは事前の予防で防ごう!

厄介なカミソリ負けですが、原因と対策を知っておくことでダメージを大幅に軽減することができます。

カミソリ負けのリスクを減らすためには、正しいカミソリの使い方と保湿を心がけましょう。また、ヒゲ脱毛という手段もおすすめです。

自分に合った対処法を見つけて、カミソリ負けから肌を守ってくださいね。

参考リンク:

カミソリ負けの対策として電気シェーバーにしたいけど、電気シェーバーは高くて買えない…という方は、5,000円以下で購入できる電気シェーバーをまとめた下記記事をご覧ください。

数万円するモデルより性能は落ちますが、格安の電気シェーバーとして大活躍してくれること間違いなしの電気シェーバーをまとめています。

安い電気シェーバーを選ぶ4つのポイント
【5,000円以下限定】コスパ最強のおすすめ電気シェーバー10選!低価格で深剃りできるモノを厳選比較
ABOUT ME
ヒゲリーマン
ヒゲリーマン
ヒゲのことならお任せを。中学生からヒゲの濃さに悩まされ、10を超えるクリニック&サロンに通ったヒゲリーマン。ヒゲ脱毛やおしゃれヒゲの作り方を解説しているぞ。ヒゲリーマンの記事一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です