彼女の作り方

彼女がいなくてもクリスマスは楽しい!?男が一人でクリスマスを過ごす方法9選

男が一人でもクリスマスを満喫する方法8選!

イルミネーションにツリーなど、街が段々とにぎわって来た!そう、もうすぐ年に一度のクリスマスがやって来ます。

サンタさんを心待ちにする子供たち。それと同じくして、多くの大人も「増税なんてなんのその」という勢いで、一気に浮かれ始めます。

そんな人々に比べて、おひとり様の自分に虚しくなり、「彼女いないし、何がクリスマスだよ〜」と嘆いている皆さん!朗報です。

なんと、未婚の男性のうち50%以上が「クリスマスを恋人以外と(もしくはひとりで)過ごす」(ダンリード編集部調べ)ということで、世の中ではクリぼっちに追い風が吹いているんです。

意外ですよね。クリぼっち派の勢力は拡大しているのは喜ばしいことです。しかし、やはり彼女と過ごす派のキラキラ感はぬぐえず、彼らにバカにされている気持ちになるのが現実。この悔しさは何なのか。。。

そんなモヤモヤを解決すべく、今回の記事では、恋人がいなくてもクリスマスを150%満喫する方法を8パターンご紹介します!

恋人以外と楽しむ5つの方法

みんなでワイワイするのが好きな方には、恋人以外の友人や家族と過ごすのがおすすめ。

恋人と二人きりでイイお店でかしこまるよりも、気心知れた仲間や家族同士で盛り上がる方が断然に楽しい時間を過ごせます!

また、おっきなローストチキンにホールケーキやブッシュドノエルなど、二人では食べきれない量の品々を目の前にするのがクリスマスグルメの醍醐味。

みんなで分け合って食べる美味しさと幸福感は、格別です。

クリスマスを、普段会えない人々と一堂に会して語り合う良い機会にしましょう!

1.真髄を学べ!家族と楽しむあったかほんわかクリスマス

独身男のクリスマスの楽しみ方クリスマス系の映画をみると、邦画が恋愛を題材にした映画が多いのに比べて、洋画は家族を題材にした映画が多いですよね。

このことから、日本と海外ではクリスマスの認識が異なることがわかります。

洋画からもわかる通り、クリスマスとは、本来家族と共に過ごすべき日です。恋人同士で浮かれる日ではないのです。

幼い頃を思い出してみましょう。クリスマスイブの夜はワクワクして眠れず、25日はプレゼントに驚く朝から始まり、昼間はお出かけしたり遊んだりして、夜にはしゅわしゅわのりんごジュース(シャンメリー)とチキンが並び、食後にはみんなでケーキをつつく、、、

楽しくて幸せな思い出ですよね。大人になるに連れ両親や兄弟との時間は減っていきますが、クリスマスだけでも昔のように戻れるのなら、それは素敵なことなのではないでしょうか?

実家で過ごすなら、子供時代を懐かしみながらかつてと同じようにクリスマス限定の手料理を振舞ってもらうのもよし。日頃の感謝を込めて、ちょっと良いディナーに連れて行ってあげるもよし。

もし一人暮らしをしているのであれば、顔を見せるだけでも嬉しいプレゼントになるはずです。

家族と一緒に、心温まる1日を過ごしましょう。

2.恋人いないヨ、全員集合!独身貴族に乾杯クリスマス

彼女なしのクリスマスの過ごし方クリスマスに過ごす相手がいないのならば、恋人がいない者共を募り皆で祝杯をあげましょう。

大学生であればサークル仲間やバイト仲間がおすすめ。社会人であれば、同僚会と称して人数を集めるのも一つの手です。

定番は、夕方に集まって、居酒屋のはしごからのカラオケのコースです。でも、これだとクリスマス感はなく、いつもの飲み会と変わらないですよね。

そこで、民泊を使ったホームパーティーを開くことをおすすめします。

最近では民泊アプリが流行し、誰でも簡単に綺麗な一軒家やマンションを1日単位で借りることができるようになりました。みんなで割れば、値段もかなりお手頃。

これを使えば、ひとり暮らしをする人がいなくても、家でしかできない遊び方ができるので、誰にも気兼ねなく盛り上がることができます。

パーティーゲームをしたり、のんびり映画をみたりしつつ、クリスマスのお菓子や食べ物を並べてみんなで囲めば、まるで家族のように団らんできること間違いなしです。また、プレゼントを持ち寄って、交換し合うのも名案ですね。プレゼントチョイスにはセンスが出るので、是非とも面白みのあるアイテムを用意しましょう。

そんなパーティーに欠かせない必須アイテムは、「シャンパン」。

ちょっと高級なシャンパンを用意し、ローストビーフをつまみに少しずつたしなみましょう。そしてシャンパンでほろ酔いになった後は、朝まで飲みを極めるか、気分良く語り合うか、選択肢は様々です。

独身貴族の未来に向けて、カンパイ!

3.聖なる夜にご用心!野郎だらけのアブナイクリスマス

男祭りのクリスマスを最高に盛り上げる方法地元の仲間、高校の部活仲間、大学の連中、など、男友達のコミュニティーは、クリスマスを乗り切るには最大の武器だと言えます。

クリスマスだろうが、何だろうが、男同士で集って楽しくないわけありません。男だけだと、女の子がいない空間だからこそ、派手に遊んで馬鹿騒ぎすることができますよね。

具体的には、朝から晩まで宅飲みしたり、早朝集合で富士山に登ったり、自転車で行けるところまで行ってみたりなど。男だけで楽しめる遊び方は無限大にあります。思いつく案は大体かな〜りくだらないけど、これが楽しくてたまらんのです。

「クリスマス」をあらゆる形で奇襲する作戦を立てるのも面白いかも。笑

そしてアルコールのスイッチが入れば、もう問題発言のオンパレードでしょう。男の楽しみに女子の理解は一切必要ありません。

いくつになっても少年のように在りたいところですが、悲しいことに、いつか結婚すれば家族との時間が大事になって、男同士で遊びに出るのも難しくなるのが現実です。

そうなる前に、独身のうちにバカなことをやり尽くすのがおすすめ。

とことんふざけ合える仲間がいるのは何より幸せなことです。そんな仲間に感謝しつつ、男らしく、いくら騒いでも騒ぎ足りないほど盛大にハッチャケましょう!

4.荒稼ぎする時が来た!バイト先でBE TO SANTAなクリスマス

バイト先で最高に楽しむクリスマスクリスマスの周辺、特に23日〜25日にかけては基本的にどのお店も混み合います。店側からすれば、これ以上の稼ぎ時はありません。

そこで、予定のないあなたには店を助けるバイト戦士になることをおすすめします。

バイト戦士になるメリットは、以下の3つ

  • クリスマス時給により、いつもより効率よくたくさんお金を稼げる
  • バイト先の仲間と、「クリスマスなのにバイトなんて」という悲壮感を分かち合い、笑い飛ばせる
  • バイト先の方針によっては、サンタやトナカイのコスプレなどでそこそこにクリスマス感を味わえる

クリスマスに貢献しているという意義を感じながら、忙しいながらも浮かれた雰囲気を味わえます。文句を言いつつも仲間と笑いあえて、なおかつ高額な賃金が手に入るといえば、これ以上の楽しみ方はないでしょう。

いつもと同じ店でなくても、ケーキ屋さんなどでは大量に派遣を募集しており、しかもどれも高時給なので、クリスマス用にバイトを考えるのもいいかもしれません。

また、どんな仕事でも、「今日の自分はみんなにとってサンタさんだ。」と思い込むことで謎の使命感が芽生えます。働くのがちょっと楽しくなる、おすすめの裏技です。

この裏技はいつものバイト先でもケーキ売りなど、時給高めの期間限定バイトでも使用OK。ですが、クリスマス関連のコスプレをバイト着として着れるお店がおすすめです。

サンタさんやトナカイのコスプレとお店のや街のBGMでクリスマス気分を楽しみつつ、道ゆく人々に幸せを届けるサンタさんになろう!

5.気分だけでも!彼氏なし女子ととりあえずのクリスマス

クリスマスから恋を始めよう。意外にも楽しめるのが、女友達(もしくは知り合い)と二人で遊ぶという方法です。

クリスマスにデートに誘うのはハードルが高いんじゃ、、、と思っているあなた、実は「クリスマスは特別な日だから、彼氏や好きな人以外とはデートしたくない!」という意見の女の子は少数派なんです。

つまり、多くの女性たちは、多少仲が良ければ彼氏以外の男性とのクリスマスデートも全然アリだと思っています。

付き合ってないけど、、、というちょっとした背徳感が意外と楽しいもので、中には25日だけで男性をハシゴするほどのツワモノもいるのだとか。

しかし、ご飯の場所はどのレベルが良いだろう、プレゼントは用意すべき?など、考えねばいけないことは山積み。それがこの過ごし方のデメリットです。

そこで、ダンリード編集部からは、

  1. 寒さを吹き飛ばせるアクティブな遊び
  2. カジュアルでワイワイした雰囲気のお店でディナー
  3. 実用性の高い手頃な価格のプレゼント

を、ベストプランとしておすすめします!

彼女以外の女性とのクリスマスデートでは、どこもかしこもカップルだらけの中で「自分らだけカレカノ同士じゃない、、、」という妙な気まずさを感じないためにも、ロマンチックさよりもはっちゃけるような楽しさを優先させる方が得策です。

なおかつイベント要素として1000円〜3000円程度のクリスマスプレゼントをサプライズで贈れば、「楽しませ上手な男」としてバッチリ決まります。

とりあえずのデートでも、クリスマスという空間をお互いにフルボリュームで楽しめればあなたの株価は大幅UP。

たとえ脈のなさそうな相手でも、まさかのガチ恋に発展するかも。

付き合ってないからこその、飾りすぎず気楽なノリで楽しめるクリスマスデートも良いものですよ!

ひとりで優雅にクリスマスを満喫する4つの方法

12月といえば、街中のお財布のひもが緩み、経済が刺激される小さなバブリー月間ですよね。

そんな中、恋人との聖なる夜を心待ちにして浮かれる人々のお金の使い道といえば、「デート代&恋人へのプレゼント」。

いやいやいや、せっかく稼いだお金をいつ裏切られるかもわからない他人のためにバーンとはたくなんて、そんなの勿体無いと思いませんか?

あなたのお金はあなたの物。せっかくなら、自分のためだけに思う存分使って、クリスマスをちゃいましょう!

5.引きこもるなら今日しかない!目が霞むまでにゲーム漬けなクリスマス

クリスマスこそゲーム漬けで楽しむべき!クリスマスに引きこもりなんて、余計に虚しくなりそう、、、

そんなイメージを持っている方は多いと思います。しかし、そんなことはないんです!実は引きこもりは、使い方によっては最悪なクリスマスを最高の休日に変えてくれる魔法になります。

楽しい引きこもりの魔法を使うために、まずは引きこもる行動を明るく捉えましょう。引きこもれるということは、朝から晩まで親にも誰にも指図されず、暖かい部屋の中でぬくぬくしながら好きなように過ごせるということ。

引きこもる=自分だけの楽園と言っても過言ではないですね

そして、次に気になっているゲームを片っ端からリストアップします。気になってたあのゲームも、アレの新作も、どれでもできると思うと、それだけでワクワクしませんか?

好きなだけゲームを楽しめるせっかくの機会ですから、ロールプレイング・アクション・シュミレーション・スポーツ等あらゆる種類のゲームを揃えましょう。

しょっぱいポテトチップスと甘いチョコを組み合わせて食べると、塩気と甘味のループが繰り返して食べ出したらきりがなくなります。これと同じで、多種のゲームを交互に続けることで、いくら集中力が切れても飽きずに熱中することができるんです。

なんて廃人な過ごし方なんだと、そう思う方もいるでしょう。ですが、時はクリスマス。街中みんなが非日常の世界にうっとりしています。

そしてゲームもまた、非日常。クリスマスとゲームで言葉は違えど、日常ではない世界に没頭するという点で共通しているのです。

楽天的な、引きこもり万歳!の気持ちを忘れずに、特別なニート☆ホリデイを楽しみましょう!

6.これが大人の楽しみ方!ダンディーなシャレオツクリスマス

男が一人でもクリスマスを楽しむ方法とはスーツをビシッと着こなせるような大人なあなたにおすすめするのは、オーケストラなどの音楽やミュージカル・演劇鑑賞など、大人向けのイベントに出向いて楽しむ方法です。

音楽や演劇と縁のなかった方からすれば、ハードルが高いんじゃないか?と不安に思うでしょう。ところがいざ行ってみると、ハードルが高いなんていうことは全くないんです!

ハードルが低いとわかるポイントは、以下の3点にあります。

  1. 服装に関する指定は基本的にない
  2. 1人で観に行く人は意外と多い
  3. 初心者でも楽しみ方は無限大

ひとつずつ解説します。

①服装に関する指定は基本的にない

日本では、コンサートホールや劇場への入場にあたる、ドレスコードのような服装の規定はほとんど存在しません。

仕事帰りの服でも、Tシャツにジーンズというラフな格好でも、中々着る機会のないオシャレな服装でも、基本的にはなんでもOK。

とはいえ、全体では清潔感のあるきれい目な格好で観に来る人の割合が多いと予想できます。適当な普段着でも悪いことはありませんが、どうせなら、ファッションまで楽しむつもりで着る物を考えてみると、気分も上がって楽しさも倍増するかも。

②1人で観に行く人は意外と多い

よくある懸念点は、ひとりで行っても恥ずかしくはないのか?という心配。鑑賞系は、家族でや恋人、または同じ趣味を持つ同士で観に行く人が多いイメージがありますから、この点は気になるところですよね。

でも大丈夫。誰と一緒に来ようが、講演が始まれば、皆がひとりひとりで舞台と向き合うことになる、とプロの音楽家は言います。

休憩時間や幕間では、余韻に浸りつつ、パンフレットなどの読み物を読んで作品や出演者への理解を深めましょう。

③初心者でも楽しみ方は無限大

本格的な舞台鑑賞が初めての方は、何に注目すれば良いのか、何を楽しむべきかわからないかと思います。

でも、肝心なのは、音楽も観劇も「表現」であるということ。それをどう感じ、受け止めるかは観る人の心に委ねられているので、こうした方がいい、というルールはないのです。

ストーリーや舞台の雰囲気を楽しむもよし、好きな楽器やキャラクターを見つけるもよし。たとえどんな部分であっても、自分自身の目に留まった印象は全て大切な感想です。

以上のことから、誰でも気軽に行ける場だとご理解いただけたでしょうか?しかしながら、コンサートホールや劇場も公共の場所。故に、大人として守るべきマナーがあります。

周囲に対する気遣いと出演者への礼儀を忘れなければ、迷惑をかけることはきっとありません。

また、隣の座席に居合わせた女性と恋に落ち、結婚するまでに発展した例もあるので、そうゆうこともあるのだと念頭に置いて出かけてください。

描かれる作品や音楽の世界観に入り込み、スペシャルなクリスマスショーを心ゆくまで楽しみましょう!

7.圧倒的自己満足のプレゼントを!映画と酒と俺のクリスマス

男一人が圧倒的に楽しいクリスマスを過ごす方法クリスマスぼっちである自覚を持つのは、慣れていないと辛いこと。そんな時に思い出して欲しいのがこのキーワード「自己満足」です!笑

どこで何をするにも、人恋しさに煩わされずにいるためにはこの気持ちが重要。自分さえ楽しければ、他の意見や視線なんて知ったことではないのです。

そしてこのキーワードを最も面白く体現するなら、家で贅沢な時間を楽しむという方法がベストでしょう。要するに、最も高いレベルで自己満足するなら豪華な宅飲みが一番だということ。

高価なシャンパンやワイン、チーズやオリーブなどのつまみを用意して、大音量で好きな映画を見たり、音楽を聴いたり、、、なんとも素敵なクリスマスです。

間接照明やアロマを利用すれば、部屋の空間を好きなようにデザインすることができます。自分好みの世界観にどっぷりと浸ってお酒に酔いしれる。こんな優雅な時間は、日常では滅多に作れません。

おすすめしたいのは、テレビよりも映画を観ることです。テレビはあなたに、日常と世間のクリスマス感を思い出させます。

それよりも、ホラーやアクション、ミステリーなど、クリスマスとはかけ離れたストーリーの映画、また、自伝系小説系、アーティスティックなフィルムなど、他の誰でもない自分自身の存在に軸を置いているような映画を観る方が、満足のいく時間を過ごせるでしょう。

リッチなご褒美宅飲みで感性を磨ければ、自分磨きに繋がります!

8.日本人として愛国心を育てよう!ブッシュ・ド・スシなクリスマス

独り身男のクリスマス攻略法「クリスマスはどこの店も満席だよな」と、諦めてはいませんか?料理ができないぶきっちょクリぼっちの皆さんにも、喧騒の中を生き延びる術はあります!

それは、SUSHIを食べにいく方法です。クリスマスといえば、イタリアンやフレンチなどの洋食が頭に浮かびがち。逆にいえば、和食はわかりやすい穴場なんです。

寿司以外でも、とんかつやうどん、和定食を出すような日本的な趣向のお店は、閑古鳥が鳴いていてもおかしくないでしょう。

いつも並ぶ二郎系ラーメンも、この日は他の日に比べると狙い目。大行列が半分かもしれませんし、並ばずに入れるかも。

行ってみたい!けど、いつも混んでいて入れない、、、クリスマスは、そんなお店を攻略する大チャンスです。

そして美味しい和食に舌つづみしたあとは、飲屋街へGO!

特にオススメしたいのが、立ち飲み屋。同じ独り身男性がこぞって集まる溜まり場になるでしょう。さらに、そこには恋人のいない女性が現れる可能性も。がっつきすぎてはいけませんが、話しかけてみる価値はありますね。

女性がいなかろうと、気の合うおひとり様仲間を見つけてはしご酒をすれば、あっという間にクリスマス終了。あっけないですが、後々になってもも笑って思い出せること間違いなしです!

番外編:クリスマス?そんなの知らねぇ!今日は12月25日。それだけ。

クリスマスを一人でカッコ良く過ごすには番外編として、クリスマスという概念ごと消し去るという荒手な過ごし方をご紹介します。

世間ではクリスマスと騒がれていますが、12月25日はただの12月25日。ホーリーナイトなんてたわ言かのように日常と変わらず過ごすという男性も多く、日本のお祭り精神は何処へと言いたい現状です。

そんな彼らは、いつものように出社して、メールだの会議だの仕事をこなし、しっかりと残業して帰宅、というスケジュールで過ごすそう。

ただでさえ年末で忙しいのに、クリスマスなんて言ってられるかよ、というビジネスマンならではのクリスマス観を持てば、恋人なんてむしろいらないと割り切ることができますね。

彼女を欲しがる男性が減るのは寂しいような気もしますが、それは置いといて。

一人で淡々と過ごす方法は、全然ダサくなく、むしろ若干イケてるので、ビジネスパーソンの方々はぜひ参考にしてみてください。

まとめ

恋人のいない男性の、楽しいクリスマスの過ごし方についてご提案してきました。

これいい!と思える案はあったでしょうか?

誰かとワイワイするのも、一人で有意義に利用するのも、番外編のように淡白に過ごすのも、全てはあなたの自由。

多様な選択ができる時代だからこそ、自分の状況をプラスに捉えて何事も楽しめれば、人としても素敵な男性に近づいていけるでしょう。

どう過ごすにしろ、あなたのクリスマスはあなたの物です。敗北感や劣等感は捨てて、思いっきり楽しいクリスマスにしましょう!

ABOUT ME
YUKI
YUKI
男性向けメディア「DanLead」の恋愛コラムを担当する32歳。恋愛経験豊富なアラサー丸の内OLが毒舌で男の恋愛を語ります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です