ボディメイク

ウエイト用トレーニンググローブおすすめ10選。正しい選び方を徹底解説!

トレーニンググローブおすすめ10選

「筋トレすると手にマメができて痛い」
「手首が痛くて重い重量を扱えない」
「汗でダンベルが滑ってトレーニングに集中できない」

筋トレの効率を高めるためにウエイト用トレーニンググローブを使おうと考えている人も多いでしょう。

しかし、調べれば調べるほど、似たようなものが多くてどのウエイト用トレーニンググローブがおすすめなのか分からなくなってしまいますよね。

そこでこの記事では、

  • ウエイト用トレーニンググローブのメリット
  • ウエイト用トレーニンググローブの選び方
  • おすすめのウエイト用トレーニンググローブ10選

を紹介します。あなたにぴったりのトレーニンググローブを見つけて、筋トレの効率を上げましょう!

ウエイト用トレーニンググローブの3つのメリット

ウエイト用トレーニンググローブの3つのメリットまずはウエイト用のトレーニンググローブを使うことのメリットを紹介します。そもそも購入しようか迷っている方は、メリットを見て購入するか決めてくださいね。

1.手のひらや手首の保護

①手のひらや手首の保護ウエイト用トレーニンググローブを使うことで手のひらを保護しマメができるのを防ぎます。マメができることで満足に筋トレできなくなるのはもったいないですよね。

また、ウエイト用トレーニンググローブには手首を保護するリストラップつきのものがあります。リストラップをすることで、ベンチプレスなどで高重量を扱うときに手首を痛めてしまうことを防ぎます

継続して筋トレを行うためには、ケガをしないことが重要です。トレーニンググローブを装着して手のひらと手首を保護しましょう。

2.グリップ力を高めてトレーニング効率をアップ

②グリップ力を高めてトレーニング効率をアップウエイト用トレーニンググローブを用いることで、握力が補助され、余計な筋肉に力を入れずにトレーニングすることができます。

例えば、懸垂を行う時にトレーニンググローブを使うことで、バーを持つ前腕筋に力が入るのを防ぎ、背中の筋肉に負荷をかけることができます。

また、先に握力に限界がきて、鍛えたい筋肉を追い込めないということを防ぐこともできますよ。

握力のサポートとしてはリストラップも同じような効果がありますが、トレーニンググローブの方が器具にセットする時間が必要ないので、効率的にトレーニングを行うことができます。

3.安全性の向上

③安全性の向上トレーニンググローブには滑り止めがついているので、筋トレ中にダンベルなどを誤って落としてしまうことを防ぎ、トレーニングの安全性を高めることができます。

筋トレ中の事故で多いのが、ダンベルなどを誤って足の上に落としていしまいケガをしてしまうこと。また、落としたダンベルが壊れれてしまったり、床が傷ついてしまうことにも繋がります。

トレーニングの効率を高めるだけでなく、安全にトレーニングを行うためにも、トレーニンググローブの装着は効果的です。

ウエイト用トレーニンググローブの選び方

ウエイト用トレーニンググローブの選び方ウエイト用トレーニンググローブのメリットが分かったところで、次は選ぶ基準を解説します。ポイントを抑えて、自分にあったものを選びましょう。

1.手の大きさにあったサイズを選ぶ

手の大きさにあったサイズを選ぶトレーニンググローブのグリップ力の向上効果を得るには、自分の手にフィットしたサイズを選ぶことが重要です。

メーカーによってはアメリカ規格のサイズ表記になっていることもあるので、購入する際には注意しましょう。微妙なサイズ感は口コミなどで確認できますよ。

2.リストラップの有無で選ぶ

リストラップの有無で選ぶリストラップ付きのトレーニンググローブが多いですが、中にはついていないものもあるでしっかり確認しましょう。

リストラップがついていることで値段が大きく上がるというわけではないので、基本的にはリストラップ付きのものを購入することをおすすめします。

3.サポートフックの有無で選ぶ

サポートフックの有無で選ぶサポートフックというのは、トレーニンググローブを外しやすいように指先部分についているフックのこと。

サポートフックがついていると筋トレで汗をかいた後でも簡単にトレーニンググローブを取り外すことができますよ。

筋トレの種目間の休憩など、こまめに外したいという方はサポートフック付きのものを選びましょう。

4.洗濯しやすさで選ぶ

洗濯しやすさで選ぶトレーニンググローブの中にはグリップ部分に皮の素材を使用しており、洗濯機での丸洗いはNGという物もあります。頻繁に使うものなので、洗濯も簡単なものがいいですよね。

できるだけ、洗濯機OKの手入れが簡単なトレーニンググローブを選びましょう。

ウエイト用トレーニンググローブのおすすめ10選

数多く販売されている中から、特におすすめのウエイト用トレーニンググローブをランキング形式で10個紹介します。

1.GW SPORTS

GW SPORTS

高品質を1,580円のお手頃価格で実現したコストパフォーマンスの高さが魅力のGW SPORTのトレーニンググローブ。

リストラップサポートフック付きで、洗濯機での丸洗いもOK。カラーバリエーションも豊富で、全6色から自分の好みのものを選ぶことができます。

amazonでベストセラー1位を獲得している人気商品。初めてトレーニンググローブを購入する方はとりあえずこれを買っておけば間違いありません。

価格 1,580円
サイズ S,M,L,XL
カラー ブラック、ブルーレッド、オレンジ、ピンク、ゴールド、シルバー
リストラップの有無
サポートフックの有無
洗濯

2.HOTARU

2.HOTARU

耐久性の高さが特徴なのがHOTARUのトレーニンググローブ。グリップ部分のシリコンゴム層は、引張試験10万回をクリアした丈夫さを誇ります。

また、丈夫なレザー素材を使用しているため、生地部分も耐久性は十分。その分手洗いが必要になりますが、長く使えるトレーニンググローブです。

色は、黒とグレーの2色。どちらも男らしいカッコいいデザインになっています。

価格 1,480円
サイズ S,M,L,XL
カラー ブラック、シルバーグレー
リストラップの有無
サポートフックの有無
洗濯 〇(手洗い)

3.adidas

adidas

見た目にもこだわりたい方におすすめなのがadidasのトレーニンググローブ。

手首部分には頑丈なダブルリストストラップがついており、手首をがっちりサポート。機能面も十分です。

やや値段は高めですが、adidasブランドを考えると適正価格といえます。

価格 3,590円
サイズ M,L
カラー ブラック、シルバー、レッド
リストラップの有無
サポートフックの有無
洗濯

4.ACEFITS

4.ACEFITS

手に吸付くようなフィット感が特徴のACEFITSのトレーニンググローブ。

吸水力・柔軟性・速乾性に優れたマイクロファイバー弾性生地を使用しています。

また、手のひら部分にはに5mmの弾力材(スポンジ)を入れているので、手のひらの負担を軽減してくれます。

充実した機能面かつ、価格もお手頃に抑えらえているのが嬉しいですね。

価格 1,398円
サイズ S,M,L
カラー オレンジ、ブラック、ブルー、レッド
リストラップの有無
サポートフックの有無
洗濯

5.SIMARI

.SIMARI

「人間工学設計」をもとにスムーズな指の曲がりを実現したSIMARIのトレーニンググローブ。

装着中の指の曲げ伸ばしがしやすいことはもちろん、着脱もスムーズに行うことができます。

サイズはS~XLの4タイプカラーも4種類と豊富に取り揃えられています。

30日間の返金保証、1年間の修理保証がついており、アフターサービスも充実しています。

価格 1,480円
サイズ S,M,L,XL
カラー ダークグレー、ブラック、ブラウン、ホワイト&ダーク
リストラップの有無
サポートフックの有無
洗濯

6.FREETOO

FREETOO

グリップ部分に4mmに高弾性パッドを使用した保護力の高さが特徴なのがFREETOOのトレーニンググローブ。

生地が片面だけの設計で、手の甲は完全に露出している状態なので、蒸れが気になるという方にもおすすめです。

洗濯はやや面倒ですが、ぬるま湯で手洗いすることで、長く使い続けることができます。

価格 1,580円
サイズ S,M,L,XL
カラー ブラック
リストラップの有無
サポートフックの有無
洗濯 〇(手洗い)

7.GOLD’S GYM

GOLD'S GYM

0.6mmの薄い素材を使用することで、素手感覚でバーを握れるよう設計されたGOLD’S GYMのトレーニンググローブ。

手の甲にはスパンデックス素材が使用されていて、通気性や伸縮性もよくトレーニング時の汗を素早く発散させることができます。

トレーニンググローブの最高級品なので、高くてもとにかく良いものが欲しいという方にはおすすめです。

価格 4,396円
サイズ M,L,XL
カラー ブラック
リストラップの有無
サポートフックの有無
洗濯 〇(手洗い)

8.Unigear

Unigear

手のひら部分に耐耗性が高いハニカム構造のゴムが付いており、滑り止め効果が抜群なのがUnigearのトレーニンググローブ。

また、親指部分はタオル素材で作れており、トレーニング中に汗を拭うのにも最適。細やかな気配りがされているトレーニンググローブです。

サイズは、S,M,Lの3タイプがあります。入り口部分がやや小さめの作りになっているので注意が必要です。

価格 1,480円
サイズ S,M,L
カラー 赤、黒
リストラップの有無
サポートフックの有無
洗濯

9.beastoo sports

beastoo sports

998円と安価ながら、通気性・快適性・防臭などの機能性を兼ね備えているbeastoo sportsのトレーニンググローブ。

トレーニンググローブが本当に効果があるのか、お試しで買ってみるのにもおすすめです。

30日間のメーカー保証がついており、初期不良や故障の場合は無料交換してもらうことが可能です。

価格 998円
サイズ M,L,XL
カラー ブラック
リストラップの有無
サポートフックの有無
洗濯

10.Zenoplige

Zenoplige

全体にメッシュ生地を使用していることや、手の甲部分が中空設計になっていることから通気性が抜群のZenopligeのトレーニンググローブ。

リストラップサポートフックもついており、機能面も充実しています。口コミではやや作りが大きめという声が多いので注意が必要です。

価格 1,280円
サイズ S,M,L,XL
カラー ブラック、グレー、ピンク、ブルー
リストラップの有無
サポートフックの有無
洗濯 〇(手洗い)

ウエイト用トレーニンググローブのおすすめ10選の振り返り

商品画像 adidas 4.ACEFITS FREETOO GOLD'S GYM beastoo sports
メーカー GW SPORTS HOTARU adidas ACEFITS SIMARI FREETOO GOLD’S GYM Unigear beastoo sports Zenoplige
商品名 GW SPORTS TRAINING GLOVE HOTARU トレーニンググローブ adidas(アディダス) トレーニンググローブ エリート ACEFITS トレーニンググローブ SIMARI トレーニンググローブ FREETOOトレーニンググローブ ゴールドジム(GOLD’S GYM) プロトレーニンググローブ Unigear ウェイトリフティンググローブ beastoo sports トレーニンググロ Zenoplige トレーニンググローブ
価格 1,580円 1,480円 3,590円 1,398円 1,480円 1,580円 4,396円 1,480円 998円 1,280円
サイズ S,M,L,XL S,M,L,XL M,L S,M,L S,M,L,XL S,M,L,XL M,L,XL S,M,L M,L,XL S,M,L,XL
カラー ブラック、ブルーレッド、オレンジ、ピンク、ゴールド、シルバー ブラック、シルバーグレー ブラック、シルバー、レッド オレンジ、ブラック、ブルー、レッド ダークグレー、ブラック、ブラウン、ホワイト&ダーク ブラック ブラック 赤、黒 ブラック ブラック、グレー、ピンク、ブルー
リストラップの有無
サポートフックの有無
洗濯 〇(手洗い) 〇(手洗い) 〇(手洗い)
商品リンク Amazonで見る楽天で見る Amazonで見る楽天で見る Amazonで見る楽天で見る Amazonで見る楽天で見る Amazonで見る楽天で見る Amazonで見る楽天で見る Amazonで見る楽天で見る Amazonで見る楽天で見る Amazonで見る楽天で見る Amazonで見る楽天で見る

ウエイト用トレーニンググローブに関するQ&A

最後に、ウエイト用トレーニンググローブに関してよくある疑問をQ&A形式でまとめたので、是非参考にしてください。

Q1:ウエイト用トレーニンググローブは他の物で代用できますか。

A.できます。

ウエイト用トレーニンググローブがない場合は、滑り止め付きの軍手などで代用することができます。

しかし、通気性などの機能面を考えると圧倒的にトレーニンググローブの方が優れているので、頻繁にトレーニングで使用するという方はトレーニンググローブを購入することをおすすめします。

Q2:ウエイト用トレーニンググローブを使うと筋トレの回数や重量は伸びますか。

A.多少は伸びます。

種目にもよりますが、トレーニンググローブをつけたことによって握力が補助されるので、先に腕が疲れてしまうということが減り、懸垂など回数が伸びる種目もあります

ただ、トレーニンググローブをつける目的は回数を伸ばすことではなく、あくまで手のひらや手首を保護しトレーニングの効率を高めることなので、目的が回数にならないように注意しましょう。

Q3:ウエイト用トレーニンググローブとパワーグリップを同時につけても問題ありませんか。

A.問題ありません。

同時につけても問題はありませんが、バーを握っている感覚が分かりづらくなるので、トレーニンググローブは薄めのものをつけるのがおすすめです。

まとめ:ウエイト用トレーニンググローブを使って、トレーニング効果を高めよう。

今回は、ウエイト用トレーニンググローブの選び方や、おすすめ10選を紹介しました。

てのひらや手首を保護してくれるトレーニンググローブは、筋トレ初心者の方にこそつけてもらいたいアイテムです。トレーニンググローブで効果的に筋トレを行いましょう!

もう一度おすすめのグローブをみたい方は、「ウエイト用トレーニンググローブのおすすめランキング」をご覧ください

参考リンク

筋トレのあとはプロテインで栄養補給するのが大切。以下の記事では、50以上のプロテインを実際に試飲して、本当におすすめできるプロテインを徹底比較しています。

プロテイン おすすめ
プロテインのおすすめランキング2019!コスパ最強の人気プロテインを徹底比較

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です