婚活・結婚

バツイチ男性が再婚を決めるベストなタイミングとは?子あり・子なしによって判断基準は違う!

バツイチ男性が再婚を決めるベストなタイミングとは?子あり・子なしによって判断基準は違う!

「いつかは再婚したい。でも、離婚からどれくらいのタイミングで再婚するのがベストなんだろう…?」再婚の場合、離婚してからの期間が気になりますよね。

この記事では、バツイチ男性が再婚を決めるベストなタイミングについて説明します。子供の有無によって判断基準が変わってくるので、あなたのケースに当てはめて考えてみてください。

時期を考えずに結婚できた初婚に比べると、再婚はタイミングを決める際に様々な注意点があるので気をつけましょう。

ベストタイミングで再婚できれば、子供の負担を減らせるだけでなく、再婚後に家族関係が築きやすくなりますよ。あなたにぴったりの再婚時期を見つけてくださいね。

この記事では、男性の方がバツイチの場合について解説します。結婚相手の女性がバツイチの場合は、「バツイチ女性との結婚で後悔しないためのチェック項目」をご覧ください

離婚から再婚までの期間は人それぞれ

離婚から再婚までの期間は人それぞれ

まずは、世間一般の「離婚から再婚までの期間」を、政府統計ポータルサイトのe‐Statのデータで見てみましょう。

2017年の調査

  • 離婚から1年未満に再婚した男性:15.3%
  • 離婚から2~3年未満で再婚した男性:11.0%
  • 離婚から4~5年未満で再婚した男性:7.9%
  • 離婚から10年以上経って再婚した男性:19.4%

離婚から1年未満で再婚する男性が15.3%となっており、年数が経つにつれて人数が減っていきます。しかし、10年以上経ってから再婚した男性も19.4%と多いことから、再婚までの期間は人それぞれだと言えますね。

離婚から再婚までの期間にこれだけのバラつきが見られるということは、再婚のタイミングは離婚してからの期間で決めるものではないということ。

個々人の置かれている状況や環境によって再婚に最適なタイミングは異なってきますが、ベストな再婚タイミングに大きな影響を与えるのが子供の有無です。

これから、子供がいる場合、子供がいない場合、それぞれに最適な再婚のタイミングについて説明します。あなたの今の状態に照らし合わせて、再婚するタイミングはいつがベストなのかを考えてみてください。

【子なしの場合】ベストな再婚のタイミングは?

【子なしの場合】ベストな再婚のタイミングは?

子供がいない男性が再婚する際は、子供から受ける影響が少ないとはいえ、別れた奥さんとの関係に注意しなくてはいけません。再婚すると新しい家族ができるので、過去の奥さんとの関わり方を今一度見直しておきましょう。

再婚を考える時には以下の3つのことを忘れずに確認しておいてください。

1.再婚前に前の家族との関係を清算している

再婚前に前の家族との関係を清算している

再婚をするということは新しい家族ができるということ。再婚前には前の家族との関係を清算しておく必要があります。

前の家族との関係が続いたままで再婚してしまうと、再婚後に新しい妻との関係が上手くいかなくなる危険が出てくるんです。

まずは、再婚前に前の妻との関係を見直してください。前の妻と頻繁に連絡を取り合っているなら再婚をしてはいけないタイミングです。

再婚を考えるのは、前の妻への未練が断ち切れてからにしましょう。前の家族との関係が清算できている状態で、なおかつ生涯の伴侶が必要だと思ったら、その時が再婚に最適な時期です。

2.お互いの両親が再婚に納得している

お互いの両親が再婚に納得している

再婚は初婚の場合と違って、親の反対を受けやすいものです。しかし、結婚するということはお互いの親とも家族関係になるということなので、再婚前には双方の親が納得しているかどうかを確認しておきましょう。

初婚の場合には結婚そのものに反対されることは滅多になく、反対されるとしたら結婚相手に原因がある場合のみです。でも、再婚だと「2回目の結婚」というだけで、親に反対されてしまうことがあります。

特に、再婚相手が初婚の女性だった場合には、相手側の親からはいい顔をされないケースがほとんどです。親が納得していない状態なのに強引に結婚話を進めてしまうと、結婚してから親との関係が悪くなり揉め事が多くなってしまうので注意してくださいね。

離婚歴があると再婚の話をし始めた時は良い印象を持ってもらえないかもしれませんが、時間をかけて気持ちを伝えれば再婚に納得してくれるはずです。お互いの両親が再婚に納得してくれるまで、辛抱強く説得を続けましょう。

3.前回の離婚の原因を反省し改善できている

前回の離婚の原因を反省し改善できている

再婚をする前には、前回の離婚の原因を反省し、改善できているかもチェックしておきましょう

離婚理由には様々なものがありますが、明らかにあなたが原因で離婚に至った場合(浮気・金銭トラブル・暴力など)は、絶対に欠点を直してください。

欠点があるままの状態で再婚をすると、すぐに同じことを繰り返し、また離婚してしまうことも・・・離婚に至るまでの自分の行動に悪いところはなかったかを振り返り、結婚生活の妨げになるような点についてはできるだけ改善しておきましょう。

【参考】お互いにバツイチだとメリットあり?

バツイチ同士の再婚は幸せになれる?メリット・デメリットと良い夫婦生活のコツを紹介
バツイチ同士の再婚は幸せになれる?メリット・デメリットと良い夫婦生活のコツを紹介

【子ありの場合】ベストな再婚のタイミングは?

【子ありの場合】ベストな再婚のタイミングは?

子持ちの男性が再婚する時に大切なのは、子供の気持ちを最優先に考えることです。子あり男性が再婚をするタイミングを考える際には、常に子供を軸にして決めてください。

子供に関する問題が全てなくなってから、その他の条件がクリアーできているかをチェックしましょう。これから、子あり男性が再婚するベストなタイミングについて解説します。

1.両親が再婚を納得していることは大前提

両親は再婚を納得していることは大前提

子あり男性が再婚をする時には、両親が再婚に納得していることは大前提です。

子供がいる男性が再婚するということは、子供の人生も大きく変わるということ。あなたの両親にとって子供は孫にあたるわけですから、息子であるあなたのことだけでなく孫の人生も心配して再婚に口を出してくるかもしれません。

両親にとって孫は何よりも大切な存在。両親を悲しませないためにも、両親が納得してくれてから再婚に踏み切るようにしてください。

両親が納得していないのに無理やり再婚してしまうと、自分と両親の関係だけでなく、孫と祖父母の関係が悪くなってしまうかもしれません。両親、息子であるあなた、孫の3者の関係がギクシャクしないよう、両親が再婚に納得してから再婚しましょう。

2.子どもの気持ちが整理できている

子どもの気持ちが整理できている

子供がいる男性が再婚を考える時には、子供の気持ちが整理できているかどうかも十分に確認してください。子供は離婚をした時に少なからずショックを受けています

離婚によって家庭環境が大きく変わることで、様々なストレスが子供にかかっていることは想像に難くないでしょう。離婚から日が浅い場合はもちろん、何年も経っていても親が離婚した時の悲しい思い出が忘れられない子供もいます。

また、子供の気持ちが整理できているかを判断するのは非常に難しいです。表面的には落ち着いていても、心の奥底ではショックが残っていることもあるので、慎重に子供と話し合いをすることが大切です。

自分の気持ちを素直に言葉にできない低年齢の子供の場合には、口にした言葉だけでなく表情や行動からも子供の気持ちを推測してあげましょう

口では「もうママのことは忘れた」と言っていても我慢しているだけのこともあるので、精神的に不安定な様子がないかどうかよく見てあげてくださいね。

3.子どもが再婚を理解してくれている

子どもが再婚を理解してくれている

子持ちで再婚を考えている人ならよく分かっていると思いますが、子供が再婚を理解してくれてから再婚に踏み切るようにしましょう。子供が少しでも再婚に抵抗があるようなら、まだ再婚するタイミングではないです。

子供にとって親が再婚するというのは特別な意味を持ちます。家庭は子供が一番必要としているもので、心や体が安らぐ場所です。

大事な場所である家庭が離婚によって大きく変化し、少し落ち着いたと思ったら再婚によって再び変化が起こるのですから、再婚を受け入れられないと感じても不思議ではありません。

また、子供が再婚に抵抗を示すのには2パターンあります。

  1. 再婚そのものに嫌悪感があるパターン。再婚相手に関係なく、再婚自体に拒否感を抱いているので、理解してもらうまでには時間がかかります。
  2. 再婚するのはいいけど、相手女性が気に入らないパターン。相手女性との関係が良くなれば、再婚を理解してくれるでしょう。

ただし、人間同士の相性は難しく、どれだけ頑張ってもどうしても合わない人というのが存在します。あなたが心から好きになった女性でも、子供とは永遠に分かり合えない相性の悪さを持っているかもしれません。

子供と再婚相手の相性が悪すぎる場合には、相手を変えたほうが再婚できる可能性が高くなります。

【参考】バツイチ子持ち男性の再婚は難しい!妥協なし・本気の婚活方法とは

バツイチ子持ち男性の再婚は難しい!妥協なし・本気の婚活で幸せな結婚生活を手に入れよう
バツイチ子持ち男性の再婚は難しい!妥協なし・本気の婚活で幸せな結婚生活を手に入れよう

4.相手の女性が母親になる決意ができている

相手の女性が母親になる決意ができている

子供がいる男性が再婚をする際には、相手の女性が母親になる決意ができているかどうかも確認しておきましょう。特に、女性が育児経験のない場合には、十分すぎるほどに確認を繰り返したほうが良いです。

子連れ再婚は、恋愛感情だけで乗り越えられるほど甘いものではありません。どれだけ相手男性のことを愛していても、再婚後に「母親としての責任が重すぎる…」と感じたら離婚を考えてしまうほど育児は大変です。

できれば「母親になったら苦労の連続だろうけど、くじけずに頑張っていきたい!」と苦労することを承知で頑張るという意欲が持てている方が望ましいです。

相当の覚悟を持っていても、予想以上に辛いことが多いのが子連れ再婚です。再婚相手の女性が再婚後の生活をはっきりとイメージできていないうちは、まだ再婚するタイミングではありません。

相手女性が子供と一緒に生活する苦労をはっきりと頭に描けるようになってから再婚するようにしてください。

5.再婚時期は子どもの進学や進級にあわせる

再婚時期は子どもの進学や進級にあわせる

子供が学校に行くような年齢になっている場合は、子供の進学や進級にあわせて再婚するタイミングを決めたほうがベターです。

再婚する時に引っ越しを余儀なくされるケースの場合には、年度の途中で引っ越しがあると友達と離れなくてはならず、子供が再婚に悪いイメージを持ってしまいます。

そのため、子供の負担を減らすためにも進学や進級のタイミングに合わせて再婚する時期を考えてください。進学で人間関係が一掃されるタイミングに合わせて再婚すれば、過去のことを知っている人が少なくダメージを和らげることができます。

また、子供が受験の時期に差し掛かっている時にも、注意が必要。受験に悪影響を与えないよう、受験が終わるまで再婚は待ったほうが良いです。受験前はデリケートになっているので、家庭のごたごたに巻き込まないようにしましょう。

【参考】シングルファザーでも恋愛結婚はできるのか解説

シングルファザーでも恋愛はできる!バツイチ子持ちが恋愛を楽しむ上で大切なことは?
シングルファザーでも恋愛はできるのか?バツイチ子持ちの男が恋愛をする上で大切なことを解説

まとめ:再婚のタイミングは子ども第一で考えよう

再婚のベストタイミングは個人によって違うので、いつにするかを決めるのは難しいかもしれませんが、子供がいる場合には子供第一で考えるという基本は変わりません。

再婚によって再婚する当人以上に大きな影響を受けるのは子供です。だから、できる限り子供の負担が少なくなるよう配慮してあげなくてはいけません。

また、再婚するタイミングを間違えてしまわないためには、再婚を焦り過ぎないことが重要です。良いタイミングが来るのをじっくり待ってから、再婚に踏み切りましょう。

あなたにとって最も良いタイミングで再婚できれば、相手女性とも子供とも良い関係が築きやすくなります。再婚して幸せな家庭を作っていってくださいね。

参考リンク:

ここまで読んで、再婚するのも悪くないな…と思った男性もいるのではないでしょうか?だけど、再婚したくても、相手がいないことには再婚できませんよね。

そこで、再婚におすすめの出会い方をまとめました。きちんと再婚希望者向けのサービスを選べば、離婚歴がある男性でも再婚相手を見つけられますよ。

再婚したい男性におすすめの出会い方!バツイチは婚活方法を工夫しよう
再婚したい男性におすすめの出会い方!バツイチは婚活方法を工夫しよう
ABOUT ME
YUKI
YUKI
男性向けメディア「DanLead」の恋愛コラムを担当する32歳。恋愛経験豊富なアラサー丸の内OLが毒舌で男の恋愛を語ります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です