ヒゲ脱毛

ニードル脱毛のデメリットまとめ!ヒゲ脱毛にニードル脱毛がおすすめできない理由とは?

ニードル脱毛 デメリット

メンズTBCやダンディハウスで利用されている”ニードル脱毛”。

「ヒゲ脱毛体験1,000円」「初回キャンペーン実施中」などの広告を見て興味を持った方も多いでしょう。

しかし、「ヒゲ脱毛の料金が安そう」「有名だからここでいいや」と安易な気持ちで契約すると後悔することになりかねません。

そこで今回は、ヒゲをニードル脱毛(美容電気脱毛)する5つのデメリットをご紹介します。

この記事を参考に、本当にニードル脱毛(美容電気脱毛)でいいのか検討しましょう!

ニードル脱毛(美容電気脱毛)とは?

ニードル脱毛

ヒゲ脱毛の施術方法の一つである「ニードル脱毛(美容電気脱毛)」。

まずは、施術方法や脱毛効果など、基本的なことから解説していきます。

ニードル脱毛の仕組み

ニードル脱毛の痛み

ニードル脱毛は、毛穴に刺した針に電流を流すことで毛乳頭(毛を作る場所)を破壊し、毛の再生を防ぐ脱毛方法。

主に脱毛サロン(メンズTBC、ダンディハウス)で利用されています

光脱毛や医療レーザーなどの脱毛方法と異なり、毛を生成する毛乳頭に直接アプローチするため、

  • 肌の色に関係なく脱毛できる
  • 毛量の調節ができる
  • 施術した直後に毛が抜ける

といった特徴があります。

医療レーザーや光脱毛は黒い肌だと脱毛できないの?

医療レーザーや光脱毛は、ヒゲの黒い色素(メラニン)に反応して熱エネルギーに変わるレーザーまたは光を照射します。

この時発生した熱エネルギーがヒゲを生やす細胞を破壊することで、脱毛する仕組みなのですが、肌が黒いとレーザーが反応してしまう恐れがあります

そのため、肌が黒い場合には施術を断られるケースも多いです。

【参考】ヒゲ脱毛でよくある後悔11選!

永久脱毛の効果が認められている

永久脱毛の効果が認められている

ニードル脱毛は歴史が古く、脱毛してから20~30年は毛が再生しないことが立証されています。

医療レーザーや光脱毛などの新しい技術が発達してきたので、最近では利用する人は少なくなりましたが、脱毛効果が立証されている方法で確実に脱毛したいという方が一定数利用しています。

しかし、その他「料金」や「痛み」などの要素を踏まえると、ニードル脱毛をおすすめすることはできません

以下では、ニードル脱毛のデメリットについて詳しく見ていきます。

【参考】メンズTBCのヒゲ脱毛を体験!効果・痛み・料金について徹底解説

メンズTBC ヒゲ脱毛
メンズTBCのヒゲ脱毛を1,000円で体験!脱毛後の腫れやセールスの有無を徹底検証

ヒゲをニードル脱毛する5つのデメリット!

ヒゲをニードル脱毛する5つのデメリット!

ニードル脱毛は歴史があり、脱毛効果も高いのになぜおすすめできないのか。

以下でニードル脱毛のデメリットについて詳しく見ていきましょう。

1.ヒゲを脱毛するのに100万円以上かかることも

ヒゲを脱毛するのに100万円以上かかることも
30代会社員
30代会社員
料金は高いし、脱毛効果を実感できるまでに時間がかかります。顎下、鼻下、フェイスラインを60%完了するのに約100万円です。(個人差はあります)店内は清潔感があり、接客も申し分ないですが、最初の料金からどんどん上げられ途中で断念しました。他のお店で脱毛することをおすすめします。

ニードル脱毛は他の脱毛方法に比べ費用が割高

ヒゲを全部綺麗に脱毛しようと思うと100万円近くかかることも少なくありません。

また、ニードル脱毛の料金設定は、他の脱毛方法のように1回あたり〇〇円という料金設定ではなく、1本あたりの値段設定となっています。

メンズTBCの料金設定

メンズTBC 料金

自分のヒゲの本数を把握している人なんていませんよね。

そのため、最終的な料金が不明瞭で、いくらかかるのか見通しがつきにくいです。

他の脱毛方法なら料金設定が明確で、安心して脱毛することができますよ。

他の脱毛方法の相場は?

クリニックで行う医療レーザー脱毛の場合、脱毛する部位数によって変わりますが、10〜20万円前後が相場

また、料金がニードル脱毛より安いだけでなく、「痛み」「安全性」「期間」の面でも医療レーザー脱毛の方がおすすめです。

料金の比較について、詳しくは記事の後半で解説しているので参考にしてください。

2.死ぬほど痛い

死ぬほど痛い
20代学生
20代学生
体験プランでは痛みに耐えられるかなと思いましたが、本数が増えるとやっぱりきついです。もう少し他の脱毛方法も調べておけばよかったと後悔しています。

ニードル脱毛は毛穴に直接電流を流すわけですから、かなり激しい痛みを伴います。

また、脱毛サロンでは麻酔を使用することもできないので、痛みを我慢するしかありません。

そのため、痛みに耐えられず途中でやめていく方も少なくないんです。途中でやめてしまうと何十万円ものお金をドブに捨てるようなもの。

痛みの苦手な方は特に、ニードル脱毛でヒゲ脱毛するのはやめてきましょう。

【参考】ヒゲ脱毛に伴う痛みを体験して調査!

髭脱毛 痛い
ヒゲ脱毛は超痛い…麻酔あり&なしの両方で体験!どんな痛みなのかを徹底レビュー

3.施術時間が長い

施術時間が長い
30代会社員
30代会社員
ヒゲ脱毛の施術時間は1~2時間。痛みが激しく、耐えるのが苦痛で仕方ないです。

ニードル脱毛は1回あたりの施術時間が他の脱毛方法に比べてかなり長いです。

1本1本のヒゲに針を刺して脱毛するため、1分間に脱毛できる本数は10本が限界

平均で2万本近くあると言われるヒゲを全て脱毛しようと思うと、ざっと計算して33時間前後。

この時間ずっと痛みに耐えるのは苦痛でしかないですよね。

痛みに耐えられず、途中でやめてしまう可能性も高いのでおすすめすることはできません。

◆医療レーザー脱毛なら施術時間を短縮できる!

医療レーザーなら、一回の照射で複数のヒゲを脱毛できるので、ニードル脱毛の半分以下の時間で施術が完了します

また、麻酔を使用して痛みの緩和も可能です。

4.刺激が強い分肌荒れを起こしやすい

刺激が強い分肌荒れを起こしやすい
20代学生
20代学生
施術後に毎回赤くなってしまいます。ひどい時には腫れることも。すぐにヒゲが抜けてくれるのは嬉しいですが、施術の痛みや肌荒れなどを考えると続けるのが大変です。

ニードル脱毛は刺激が強いため他の脱毛方法よりも

  • 腫れ
  • 毛嚢炎

といった肌荒れを起こしやすいです。

また、医師の常駐していない脱毛サロンの場合、このようなトラブルが起きても適切な処置を受けることができません

以下、実際にニードル脱毛で施術を受けた方の写真です。

施術前

メンズTBC 髭脱毛
引用元:MuraBlog

施術後

メンズTBC 髭脱毛
引用元:MuraBlog

このように、ニードル脱毛は肌荒れを起こす危険性が高いのでおすすめすることはできません。

5.安全面に問題あり

安全面に問題あり
編集部の意見
編集部の意見
ニードル脱毛によるヒゲ脱毛は、これまで解説してきたような「痛み」「肌荒れ」のリスクが高いのでおすすめできません。また、肌トラブルが起きた際には、自分で皮膚科に通う必要があり、余計なお金がかかってしまいます。安全にヒゲを脱毛したい方は、ニードル脱毛での施術はやめたほうがいいです。

ニードル脱毛のデメリットについて解説していきましたが、他の脱毛方法に比べて肌が荒れるリスクが高いだけでなく、激しい痛みを伴います

また、サロンで、肌トラブルが起きてもその場で治療することができません。

安全面を考慮するなら医師の常駐しているクリニックで脱毛することをおすすめします。

脱毛施術以外にもお金がかかる?

肌荒れ予防のために不要な化粧品を買わされたりと、脱毛施術以外の無駄なお金がかかってしまいます。

20代会社員
20代会社員
施術1回目に10万円くらいする化粧品を買わされました。しかも、化粧品に関して一切の説明なし。A4の説明書1枚渡されて終わりです。どんな効果があるのか全く説明がありませんでした。

このように、脱毛サロンでは施術以外にお金がかかるケースも多いです。

以下では、安全でリーズナブルに脱毛する方法について解説していきます。

どの施術方法でヒゲ脱毛すればいいのか

医療レーザー脱毛

結論からお伝えすると、ヒゲを永久脱毛するならクリニックで行う医療レーザー脱毛がおすすめです。

医師の常駐しているクリニックであれば、安全かつ確実にヒゲを脱毛することができます。

以下でおすすめの理由について詳しく見ていきましょう。

医療レーザー脱毛がおすすめの理由

  1. 料金が安い
  2. 脱毛効果が高い
  3. 安全性が高い

1.料金が安い

どの施術方法でヒゲ脱毛すればいいのか

・医療レーザー脱毛
6回:3〜7万円
10回:6〜15万円
15回:8〜20万円

・ニードル脱毛
6回:10〜15万円
10回:20〜30万円
15回:40〜50万円

・光脱毛
6回:3〜5万円
10回:6〜10万円
15回:10〜15万円

表を見てわかるように、医療レーザー脱毛はニードル脱毛に比べて料金が格安です。

また、料金が安いだけでなく、医師の常駐しているクリニックで施術を行うため、安全面でも医療レーザー脱毛の方が安心感があります。

光脱毛も料金は安く見えますが、永久脱毛できないので継続的に通う必要があります。

そのため、最終的な料金は一番高くなると言えるでしょう。

【参考】ヒゲ脱毛の相場とコスパの良いクリニックを紹介

ヒゲ脱毛 費用 相場
ヒゲ脱毛21社の料金で相場を算出!値段の安いクリニック&サロンを徹底調査

2.脱毛効果が高い

脱毛効果が高い

・医療レーザー脱毛
6〜7回:髭が減るのを実感
10〜15回:髭がほとんど生えなくなる

・ニードル脱毛
10回前後:髭が減るのを実感
20〜30回:髭がほとんど生えなくなる

・光脱毛
10〜15回:髭が減るのを実感
20〜30回:かなり髭が減る

*ヒゲの濃さによって回数は変わります

医療レーザー脱毛は、レーザーの照射パワーが強いため、青髭のような濃いヒゲでもしっかりと脱毛することができます

また、1回あたりの脱毛効果が高く、施術回数を少なく終えられるのもメリット。

さらに、一度に複数のヒゲを脱毛できるので、施術時間も他の脱毛方法に比べ短時間で終えることができます

3.安全性が高い

安全性が高い

医療レーザー脱毛は、医師の常駐しているクリニックでのみ使用が許されている脱毛方法

肌荒れなどのトラブルが起きた際にも、その場で医師の診断を受けることができます。「湘南美容クリニック」や「ゴリラクリニック」などの大手であれば診断、薬の処方が全て無料。安心して施術に挑むことができますよ。

また、サロンではエステティシャンが施術を行いますが、クリニックは看護師が担当してくれるので、肌荒れなどのリスクも最小限にとどめられています。

まとめ:ヒゲのニードル脱毛はコスパが悪い!

ニードル脱毛のデメリットを紹介しました。

料金が高いだけでなく、激しい痛みを伴うため、ヒゲを永久脱毛したい場合はクリニックの医療レーザー脱毛を選びましょう。

費用の面もそうですが、安全面でも医療レーザーの方が安心ですよ!

参考リンク:

以下の記事では、当サイトの編集部が本気でおすすめするクリニックをランキング形式で紹介しています。

ヒゲ脱毛のお店選びで後悔したくない方は、ぜひ参考にしてください。

ヒゲ脱毛 おすすめ
【2019年決定版】ヒゲ脱毛おすすめ人気ランキング!口コミから効果・値段を徹底比較
ABOUT ME
ヒゲリーマン
ヒゲリーマン
ヒゲのことならお任せを。中学生からヒゲの濃さに悩まされ、10を超えるクリニック&サロンに通ったヒゲリーマン。ヒゲ脱毛やおしゃれヒゲの作り方を解説しているぞ。ヒゲリーマンの記事一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です