サプリ・プロテイン

ウェイトゲイナーおすすめ10選!太るためのウェイトアッププロテインを徹底比較!

ウェイトゲイナー おすすめ

すぐにおすすめのウェイトゲイナーを見る!
おすすめウェイトゲイナー10選【2019年版】

「身体/筋肉を大きくするためのプロテインが欲しい」
「太るためにウェイトゲイナーを飲むべきか悩む…」

カロリーが多く、太るために作られたプロテインのウェイトゲイナー。食べても食べても太れないという方におすすめのプロテインですが、販売されている数が多くてどれがおすすめか分からなくなりますよね。

そこでこの記事では、

  • 普通のプロテインとウェイトゲイナーの違い
  • ウェイトゲイナーの選び方
  • ウェイトゲイナーのおすすめ10選
  • 太るために効果的な飲み方や飲むタイミング

などを紹介していきます。

ウェイトゲイナーとウェイトアッププロテインという言葉が両方使われていて紛らわしいですが、基本的に同じ意味です。ここではウェイトゲイナーとして紹介していきます。

ウェイトゲイナーとは?普通のプロテインとの違いを理解しよう

ウェイトゲイナーとは?普通のプロテインとの違いを理解しよう

ウェイトゲイナーは、筋肉量を増やして太ることを目的として作られたプロテインのことです。ホエイプロテインをベースに作られているものが多く、ホエイプロテインに炭水化物・糖質・脂質などを加えてカロリーを大幅に増やしているのが特徴です。

普通のプロテインとの違いをまとめると、

ウェイトゲイナー 普通のプロテイン
原材料 ホエイプロテイン ホエイ・カゼイン・ソイなど
目的 タンパク質・炭水化物・糖質などの摂取 タンパク質の摂取
特徴 高タンパク高カロリー 高タンパク低カロリー
カロリー目安 300〜600kcal 100kcal

普通のプロテインが「高タンパク低カロリー」であるのに対して、ウェイトゲイナーは「高タンパク高カロリー」になっています。

普通のプロテインは1食当たり100kcal程度であるのに対して、ウェイトゲイナーは300〜500kcal程度。300kcalはおにぎり1.5〜2個分になるので、ウェイトゲイナーは飲めば太りやすいというのはイメージできますね。

また、普通のプロテインはタンパク質を補うのが主な役割ですが、ウェイトゲイナーは「タンパク質+α」の+αの部分の重要性が高いです。

ウェイトゲイナーの選び方

ウェイトゲイナーの選び方

おすすめのウェイトゲイナーを見て行く前に、まずは選び方を理解しましょう。

1.1食あたりのタンパク質含有量で選ぶ

プロテインを飲む最大の目的はタンパク質を摂取することなので、ウェイトゲイナーといえどもタンパク質の含有量は大切。1食あたりのタンパク質としては20〜35gが目安です。

2.1食あたりのカロリー数で選ぶ

太るためには「摂取カロリー>>消費カロリー」にすることが大前提。ウェイトゲイナーは太るために飲むものなので、カロリーが高いものを選びましょう。1食あたりのカロリー数としては300〜600kcalが目安です。

また、海外のウェイトゲイナーはカロリー数が高いものも多いので、何が何でも太りたい…という人は海外製のプロテインを選びましょう。さらに、牛乳で割ればカロリー数が高くなるのでおすすめですよ。

3.1食あたりの価格で選ぶ

ウェイトゲイナーは継続して飲むものなので、1食あたりの価格も無視できません。通常のプロテインよりも1回で飲む量が多いので、1回あたりの価格は高くなります。1食あたりの価格としては200円前後が目安です。

また、大量に買えば安くなりますが、同じ味を飲み続けるのは飽きてしまうので、まずは普通のサイズを購入するのがおすすめです。

ウェイトゲイナーのおすすめランキング

数あるウェイトゲイナーの中から、配合成分や価格をもとにおすすめのウェイトゲイナーをランキング形式で紹介していきます。

表で製品に記載されている一杯あたりのタンパク質、カロリーと価格を計算してまとめているので、選ぶ際の参考にしてください。

1位:Champion PERFORMANCE「ヘビーウェイトゲイナー」

ヘビーウェイトゲイナー 900 チョコレートブラウニー 3.2kg
タンパク質 33g
カロリー 605kcal
価格/1回 約201円

チャンピオンパフォーマンスの「ヘビーウェイトゲイナー」は、1杯あたり水で割った場合でもタンパク質33g/カロリー605kcal、牛乳で割った場合はなんと54g/977kcalを摂取することができます。

ただし、国産のプロテインと比べて圧倒的に摂取する量も多く、推奨されている量を飲みきれないという人も多いので注意が必要です。

価格は4000円台と他のプロテインと比べて少し高いですが、3.2kgという量を考えると(国産のプロテインは1kgで3000円くらいが多い)安いでしょう。いずれにしても、何が何でも太りたいという人にはおすすめのプロテインです。

2位:MyProtein「Impact ウェイトゲイナー」

MyProtein 「Impact ウェイトゲイナー」
タンパク質 31g
カロリー 372kcal
価格/1回 約151円

MyProtein の「Impact ウェイトゲイナー」は、ウエイトゲイナーとしての十分な品質と低価格を兼ね備えたコストパフォーマンスの良いプロテインです。

海外のメーカーにありがちな、一杯の摂取量が多すぎるということもなく、無理なく毎日継続して摂取できるように作られています。

味も飲みやすいという口コミが多く、評価が高いウエイトゲイナーです。

3位:Optimum Nutrition「ON Serious Mass」

ON Serious Mass チョコレート
タンパク質 50g
カロリー 1,250kcal
価格/1回 約550円

オプティマスニュートリションの「ON Serious Mass」は、1回で摂取できるタンパク質量が50g、カロリーが1,250kcalと、一位のヘビーウェイトゲイナーよりも多いです。

ただし、1回の摂取目安量が334gと非常に多いので、実際にこの量を飲むのは難しいです。量を減らして飲んでいる人も多く、調整して飲むといいでしょう。

オプティマムニュートリション(Optimum Nutrition)

4位:グリコ パワープロダクション「マックスロード ウエイトアップ」

グリコ パワープロダクション 「マックスロード ウエイトアップ」
タンパク質 23.7g
カロリー 236kcal
価格/1回 約157円

パワープロダクションの「マックスロード ウエイトアップ」は、吸収速度の異なる3種のプロテイン(ホエイ、カゼイン、大豆)と、2種の糖質(パラチノース、マルトデキストリン)を配合し、吸収しやすさにこだわったウエイトゲイナーです。

味はマイルドな甘さとコクのあるチョコレート味で、とにかく美味しいと評判。無理なく続けて摂取することができます。

美味しく飲めるプロテインを探しているという方にもおすすめです。

5位:Kentai「NEWウェイトゲイン アドバンス」

Kentaiウェイトゲイン アドバンス ミルクチョコ
タンパク質 5.9g
カロリー 118kcal
価格/1回 66円

Kentaiの「NEWウェイトゲイン アドバンス」は、1食当たりのタンパク質は5.9g、カロリーは118kcalと海外のウェイトゲイナーと比べると少ないですが、十分及第点です。

最大の特徴は吸収のしやすさを考慮に、2種類のタンパク質(ホエイとカゼイン)をバランスよく配合していることです。激しいトレーニング後に素早く吸収されるホエイと、ゆっくりと吸収されるカゼインを混ぜることでアスリートの栄養補給をサポートしています。

6位:バルクスポーツ「リーンゲイナー」

バルクスポーツ 「リーンゲイナー」
タンパク質 20g
カロリー 302kcal
価格/1回 約222円

バルクスポーツの「リーンゲイナー」は、一般的なウェイトゲイナーとは異なり、タンパク質、炭水化物、脂肪、3つの主要栄養素を健康的な配合でブレンドされているのが特徴です。

バルクスポーツはアンチドーピングの第一人者であり、第三者機関であるBSCGのプログラムに参加してるので、アスリートの方も安心して摂取することができます。

無駄な脂肪を付け過ぎたくないという方にもおすすめです。

7位:GOLD’S GYM「ウエイトゲイナー」

GOLD'S GYM「ウエイトゲイナー」
タンパク質 9.0g
カロリー 114kcal
価格/1回 約118円

GOLD’S GYMの「ウエイトゲイナー」は、良質の栄養素を簡単に摂取でき、かつ製品100gあたり脂質が1.8gと、余分な脂質が抑えられているウエイトゲイナーです。

たんぱく質の吸収を促進するビタミンB群を豊富に配合しており、食が細い方でも体を大きくできるようにサポートしてくれます。

8位:ウイダー「ウエイトアップビッグ」

ウイダー ウエイトアップビッグ バニラ味
タンパク質 5.0g
カロリー 112kcal
価格/1回 約73円

ウイダーの「ウェイトアップビッグ」は、タンパク質などの大きな体を作るための栄養素に加え、食欲増進の効果があるオルニチンも配合されているプロテインです。

ウェイトアップビッグは1食あたりタンパク質5.0g、カロリー112kcalと、KentaiやZAVASのものとほとんど同じです。

エネルギー源となるデキストリンや果糖を多く配合することで、ハードなトレーニングによって筋肉が消耗されてしまうのを防ぐ効果があります。

9位:明治 ザバス「ウェイトアップ ホエイプロテイン」

ザバス ウェイトアップ ホエイプロテイン+マルトデキストリン バナナ味
タンパク質 4.0g
カロリー 77kcal
価格/1回 約62円

ザバスの「ウェイトアップ ホエイプロテイン」は、1食あたりタンパク質は4.0g、カロリーは77kcalと少し少ないですが、ビタミンやカルシウム・鉄・マグネシウムが配合されており、食事の吸収効率を高める働きをしてくれます。

プロテイン単体で多量のカロリーやタンパク質を摂取するというよりも、食事の補助で使うのにおすすめです。

10位:JAY&CO.「ウエイトゲイン パウダー」

JAY&CO. (ジェイアンドシーオー) 「ウエイトゲイン パウダー」
タンパク質
カロリー 76kcal
価格/1回 約20円

最後は番外編。

JAY&CO. の「ウエイトゲイン パウダー」は、通常のプロテインに加えることで、プロテインのカロリー上げることができるサプリメントです。

1杯あたり76カロリーで、2~3倍を通常のプロテインに加えて飲む方が多いです。一度に大量に加えてしまうとダマになりやすいので、少しずつ加えて混ぜるようにしましょう。

ここまでで、おすすめのウェイトゲイナーを紹介してきましたが、プロテインだけでなく、包括的に太る方法を知りたいという方は、以下の記事を参考にしてください。

太る方法 ガリガリ コンプレックス
【男の太る方法】ガリガリから筋肉を増やす方法とおすすめのプロテイン3選

ウェイトゲイナーのおすすめランキング(振り返り)

商品画像 ヘビーウェイトゲイナー 900 チョコレートブラウニー 3.2kg MyProtein 「Impact ウェイトゲイナー」 ON Serious Mass チョコレート グリコ パワープロダクション 「マックスロード ウエイトアップ」 Kentaiウェイトゲイン アドバンス ミルクチョコ バルクスポーツ 「リーンゲイナー」 GOLD'S GYM「ウエイトゲイナー」 ウイダー ウエイトアップビッグ バニラ味 ザバス ウェイトアップ ホエイプロテイン+マルトデキストリン バナナ味 JAY&CO. (ジェイアンドシーオー) 「ウエイトゲイン パウダー」
メーカー Champion PERFORMANCE MyProtein Optimum Nutrition グリコ パワープロダクション Kentai バルクスポーツ GOLD’S GYM ウイダー 明治 ザバス JAY&CO.
商品名 ヘビーウェイトゲイナー Impact ウェイトゲイナー ON Serious Mass マックスロード ウエイトアップ NEWウェイトゲイン アドバンス リーンゲイナー ウエイトゲイナー ウエイトアップビッグ ウェイトアップ ホエイプロテイン ウエイトゲイン パウダー
タンパク質 33g 31g 50g 23.7g 5.9g 20g 9.0g 5.0g 4.0g
カロリー 605kcal 372kcal 1,250kcal 236kcal 118kcal 302kcal 114kcal 112kcal 77kcal 76kcal
価格/1回 約201円 約151円 約550円 約157円 66円 約222円 約118円 約73円 約62円 約20円
商品リンク Amazonで見る楽天で見る Amazonで見る楽天で見る Amazonで見る楽天で見る Amazonで見る楽天で見る Amazonで見る楽天で見る Amazonで見る楽天で見る Amazonで見る楽天で見る Amazonで見る楽天で見る Amazonで見る楽天で見る Amazonで見る楽天で見る

ウェイトゲイナーの効果を高めるための飲み方&飲むタイミング

ウェイトゲイナーの効果を高めるための飲み方&飲むタイミング

太るためにウェイトゲイナーを飲む場合、水ではなく牛乳で溶かすのがおすすめです。1食あたり牛乳200gで溶かす場合、水で溶かした場合と比べて130kcalのカロリーアップになります。

また、牛乳には様々な栄養素が含まれているため、プロテイン×牛乳は太るためには最適な組み合わせなのです。

さらに、ウェイトゲイナーを飲むタイミングについては、「朝食、トレーニング後、就寝1時間前」の3つがベストです。ウェイトゲイナーは量が多いので、1度に飲むのが辛い場合は2〜3回に分けて飲むといいでしょう。

ウェイトゲイナーに関するQ&A

ウェイトゲイナーに関するQ&A

最後に、ウェイトゲイナーに関するよくある質問を、Q&A形式でまとめたので参考にしてください。

Q1:ウェイトゲイナーに副作用はある?

A:適量を飲む分には副作用はありません。

「ウェイトゲイナーは肝臓に良くない」、「カロリーが高いから毎日飲んでいたら糖尿病になるのでは?」と副作用を心配する声もありますが、適量を飲む分には副作用の心配はありません

薬などの医薬品と異なり、プロテインはあくまで補助食品。よほどおかしな飲み方をしない限り副作用はありません。糖尿病になるかもしれないなどの不安は拭い去りましょう。

ただし、ウェイトゲイナーはカロリーが多いため、運動量が少ない場合は太りすぎてしまうというデメリットはあります。日頃の運動量と食事内容を考慮に入れて飲む量を決めましょう。

Q2:無駄な脂肪が付くことはある?

A:気をつけて飲まないと無駄な脂肪が付くことがあります。

太りたいと言っても、食事量を増やして体重を無理やり増加させるのか、脂肪をつけずに筋肉だけをつけて増量するのかでは、食事方法や筋トレの方法が異なります。

何も考えずにウェイトゲイナーを飲んでいると、無駄な脂肪がついてブヨブヨの身体になってしまうこともありえます。

無駄な脂肪を付けずに太りたい方は、「リーンバルク」という方法を試してみてください。食事管理の面でハードルが高い太る方法ですが、体脂肪率の低い引き締まった身体になれるのでおすすめですよ。

【参考】リーンバルクのやり方を徹底解説

無駄な脂肪をつけない『リーンバルク』で筋肉を増量する方法!ダーティバルクとの違いや食事方法を徹底解説

まとめ:ウェイトゲイナーで効果的に太ろう!

食べても食べても太れない人にとって、大きな味方となってくれるウェイトゲイナーについて紹介してきました。

食事量を増やしてみたけど体重が増えなかった、太りたいけどこれ以上食べるのは無理、という人は一度ウェイトゲイナーを試してみましょう。

参考リンク:

プロテインを含めた筋トレ時におすすめのサプリメントなら、下記記事で紹介している優先順位を読めば間違いなし。プロテインだけでは不十分かな・・・という方は、複数のサプリメントを使って栄養を補いましょう。

筋トレ サプリ おすすめ 優先順位
筋トレサプリの優先順位を徹底解説!筋力アップに役立つおすすめのサプリ比較
ABOUT ME
ダンリード編集部
ダンリード編集部
男性向けメディア「DanLead(ダンリード)」の編集部です。男磨きを助け、なりたい理想の自分になるためのコンテンツを届けます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です