シェービング

シェーバーオイルは必要?電気シェーバーの寿命を伸ばす正しい使い方とおすすめを紹介

シェーバーオイル

髭剃り用の電気シェーバーを購入すると、ほとんどの商品でシェーバーオイルが付属していますよね。目薬のような滴下タイプの小さい物です。

このシェーバーオイル、ただのオマケではありません。定期的にシェーバーオイルを使ってメンテナンスすることで、刃の劣化を防ぐだけではなく、切れ味アップに繋がり肌荒れを防ぐことにもなるのです。

そこで今回は、シェーバーオイルを使ったことがないという方向けに、電気シェーバーの寿命を延ばすシェーバーオイルの使い方や、おすすめのシェーバーオイルをご紹介します。ぜひ参考にして下さい。

そもそもシェーバーオイルとは?

電気シェーバーを購入すると、大抵は目薬サイズの小さなシェーバーオイルがセットになって付いてきます。

ですが、「ほとんどオイルをさしたことがない!」という男性も多いでしょう。目薬サイズのオイルが沢山余っているという状態ですね。

電気シェーバーは内刃と外刃からなっていますが、シェーバーオイルを使って定期的にメンテナンスをしてあげないと、あっという間に切れ味が落ちてしまいます

さらに、内刃と外刃の滑りが悪くなり、剃り上がりに影響が出ることもあります。シェーバーオイルは無くてもいいものではなく、必要なものだからこそ、付属品となっているのです。

また、シェーバーオイルが付属されていない場合には、シェーバーオイルを購入してメンテナンスしましょう。余計な出費と感じるかもしれませんが、電気シェーバーの寿命が延びるので、長い目で見れば損にはなりません。

シェーバーオイルが必要な3つの理由

シェーバーオイルが必要な3つの理由

電気シェーバーを洗浄した後にシェーバーオイルを使わないでいると、刃の劣化やモーターの劣化が早まります。

メーカーが推奨する替刃交換時期というのは、正しいメンテナンスをおこなったうえでの交換時期ですので、メンテナンスしていなければその分早まります。

シェーバーオイルが必要な理由を具体的に挙げてみましたので、参考にして下さい。

①電気シェーバーの刃の寿命を伸ばすため

毎日使う電気シェーバーなので、経年劣化は仕方ないとしても、なるべく良い状態で刃の寿命を延ばしたいですよね。

そのためには、定期的にシェーバーオイルでのメンテナンスが必要になります。オイルを差すことにより、皮脂汚れによるサビを防ぐほか、オイルで刃がコーティングされ、細かな傷がつくのを防ぎます。

また、電気シェーバーの型番が古くなると、替刃自体が生産終了していたり、替刃を買うより電気シェーバー自体を買い替えた方が安くなるケースも多々あります。シェーバーオイルを使って刃の寿命を伸ばしましょう。

②切れ味を保ち、肌荒れを防ぐため

シェーバーオイルが必要な3つの理由

電気シェーバーもカミソリと同じで、切れ味が落ちてきます。メーカー推奨のメンテナンスを真面目におこなっていても刃は劣化しますので、メンテナンスをしなければ言わずもがなですよね。

切れ味が落ちた電気シェーバーは、肌に負担をかけ、髭剃り負けや肌荒れの原因となり、吹き出物の原因となる場合があります。

最近、ヒゲが引っかかって痛い、髭剃り後にヒリヒリする、同じ部位を何度も剃り直さないとキレイに剃れない、という場合は刃が劣化しているサインです。

また、カミソリ負けが頻繁に起こる場合は、ヒゲ脱毛をするのもおすすめです。毎朝の髭剃りとカミソリ負けから解放されるのでメリットが大きいですよ。

https://danlead.jp/articles/923

③潤滑性がなくなると駆動音が大きくなるため

シェーバーオイルには、刃の劣化を防ぐ働きの他にも、外刃と内刃の潤滑剤としての役割があります。電気シェーバーに限らず、自転車などたいてい何でも油を差すと動きが滑らかになりますよね。

電気シェーバー(回転式を除く)も同様に、メンテナンスでオイルを差していないと、外刃と内刃の滑りが悪くなって、摩擦が大きくなります。すると、駆動するのに力が必要になってしまい、駆動音も大きくなります。モーターに過剰な負担がかかってしまうんですね。

そうなると、刃の劣化も早まってしまいますし、モーターの劣化も早まってしまいます。

最近、やけに電気シェーバーがうるさい、と感じている方は洗浄後にオイルを指してみましょう。劇的に改善する場合があります。

シェーバーオイルの正しい使い方

シェーバーオイルの正しい使い方

シェーバーオイルの使い方は、電気シェーバーの説明書に詳しく記載されていますが、ここでは簡単に使い方を解説いたします。メーカーによって詳細は異なりますが、大まかな流れは同じです。

①ヒゲ屑などを水洗いやブラシがけして除去しよう

まずは、ヒゲ屑を除去します。

ブラシをかける場合、刃に対して平行方向に掃きだすようにしましょう。刃の抵抗を感じながらブラシをかけてしまうと、切れ味を落す原因となりますし、破損の原因ともなります。くれぐれも、刃で指を切らないように気を付けて下さい。

注意すべきは、内刃と外刃が一体になったカセット式です。このタイプの電気シェーバーには、基本的にブラシはかけません。手の平や洗面台などにトントンと軽く打ち付けてヒゲを落としましょう。網目状になった外刃部分に上からブラシをかけると、破損・切れ味の低下の原因となりますので、絶対にやめましょう。

ヒゲ屑が気になる場合には内側から軽くブラシをかけ、網目状の刃部分には触れないようにします。

ブラシだけでは取り切れない汚れは水洗いで洗い流します。ほとんどの電気シェーバーの刃は水洗い可能になっていますし、「水洗い可」表示の物はヘッドごと水洗いすることができます。

洗浄のポイントとして、水洗いの場合はぬるま湯やハンドソープを使うと、ヒゲ屑だけではなく、皮脂汚れも落とすことができます。

②水洗いした場合は乾燥させよう

ついつい手間なので省いてしまいがちですが、水洗いした後には必ず乾燥させましょう。水気を拭き取っただけでは刃に水分が残っており、これはサビの原因となってしまいます。

水洗い後の手順としては、

  1. 電気シェーバーを軽く振り水気をきる(パーツが飛んでいかないように注意しましょう)
  2. 清潔なタオルでポンポンと叩き拭く
  3. 湿気のない所で乾燥させる(パーツは外した状態)

乾燥時の注意点として、電池が内蔵されている電気シェーバーの場合、乾燥させるときにドライヤーや直射日光を利用すると変形や破損の原因となるので危険です。

③オイル差しをしよう

電気シェーバーが完全に乾いてからシェーバーオイルを差します。

洗って乾かした時点で面倒臭くなってしまうかもしれませんが、オイル差しを省いてはいけません。特に水洗いした後には、潤滑油も一緒に洗い流されているので、必ずシェーバーオイルを差しましょう。

目薬サイズ滴下式のシェーバーオイルを使う場合は、外刃を取り付けた状態で各外刃に1滴ずつオイルを落とします。たとえば、5枚刃であれば1滴ずつを5か所、3枚刃であれば1滴ずつ3ヶ所といった具合です。

オイルを垂らした後は、スイッチを入れて数秒間動かし、オイルが刃全体に馴染むようにします。オイルを垂らし過ぎてしまった場合には、ペーパーなどで軽く押さえて拭き取りましょう。

付属のオイルがなくなったときにおすすめのシェーバーオイル

定期的にシェーバーオイルでメンテナンスをしていると、替刃交換する前に付属のオイルを使い切ってしまうはずです。

そんな時には、市販されているシェーバーオイルを購入しましょう。おすすめのシェーバーオイル3選とシェーバーオイルの一時的代用品となるオイルを併せてご紹介します。

パナソニック ナショナル ES006 シェーバーオイル

パナソニック ナショナル ES006 シェーバーオイル

パナソニックES006シェーバーオイルは使いやすいスプレータイプ。シェーバーの刃に向けてシュッと一吹きするだけです。滴下式オイルはベタつきが気になる、面倒という方におすすめです。

潤滑・防錆効果で滑らかな切れ味を持続させるほか、消臭効果もあるのでシェーバーのイヤなニオイを防ぎます。さらに、柑橘系の爽やかな香りで気分もスッキリするでしょう。

ブラウン シェーバークリーナー SC8000

ブラウン シェーバークリーナー SC8000

ブラウンシェーバークリーナーSC8000はスプレータイプのクリーナー。ヒゲ剃り後にシェーバーにスプレーすることで、刃についたヒゲ屑や皮脂を取り除きます。揮発性の高いアルコール成分を含んでいるので、オイルのべた付いた感じがなくサラッとした仕上がりになります

さらに、刃に潤滑性を与える成分も含まれているので、シェーバーオイルを塗る手間が省ける一石二鳥のアイテム。コストパフォーマンスに優れ、香りは爽やかなシトラス系です。

日立 シェーバークリーナー(潤滑油) SC-51H

日立 シェーバークリーナー(潤滑油) SC-51H

日立シェーバークリーナー(潤滑油)SC-51Hは、スプレータイプのシェーバーオイルです。クリーナーとのネーミングですが、ヒゲ屑はあらかじめブラシで取り除いてから使用します。

無香料なので、余計な香りはいらないという方におすすめです。

【番外編】シェーバーオイルの代用品

【番外編】シェーバーオイルの代用品

シェーバーオイルを切らしてしまった時にはベビーオイルでの代用も可能です。ベビーオイルであれば、百均などでも入手可能なので、金欠の時などには助かりますね。

ですが、ベビーオイルはあくまでもベビーオイルです。電気シェーバーによっては合う合わないもあるので、使用して異常を感じたら中止しましょう。

百均といえば、ミシンオイルもシェーバーに使うことができます。代用品を使う場合は、自己責任となります。危険を冒したくない人は、シェーバーオイルを切らさずに準備しておきましょう。

シェーバーオイルにまつわるQ&A

シェーバーオイルにまつわるQ&A

シェーバーオイルを使う頻度はどのくらいですか?

A.1週間に1回が目安です。

シェーバーオイルを使って電気シェーバーをメンテナンスする頻度は、1週間に1回が理想的ですが、ヒゲの濃い薄いによってもメンテナンスの必要周期は変わってきます。

ただし、ウェットシェービングをした場合は潤滑油も流れ落ちてしまっているので、使用後には乾燥させて、シェービングオイルを塗るようにしましょう。

シェーバーオイルは肌についても大丈夫ですか?

A.問題ありません。

シェーバーオイルの成分は流動パラフィン、別名ミネラルオイルです。

グレードによって異なりますが、医薬品の軟膏や、クリーム、化粧品であればクレンジングやベビーオイルなどにも使われています。なので、シェーバーオイルは肌についても何ら問題はありません。

とはいえ、肌にとっては異物ですので、万が一付いてしまった場合はすぐに洗い流す様にしましょう。

オイル代用品としてクレンジングオイルは使えるの?

A.クレンジングオイルはシェービングオイルの代用にはなりません。

確かに、クレンジングオイルにもオイルは含まれていますが、他にも色々な成分が配合されているからです。

まず、商品が目的とすることが違いすぎます。クレンジングオイルはメイクを洗い流すためのもの。一方でシェーバーオイルは刃の潤滑油、保護するものです。

シェーバーオイルをきらしてしまった時に、洗面所にあるクレンジングオイルを見つけると、つい代用できるかな?と考えてしまう気持ちは分かりますが、試してみてはいけません。クレンジングオイルを使うのであれば、何も塗らない方がましです。シェーバーオイルを買ってから改めて塗るようにしましょう。

自動洗浄機がついているモデルであれば、オイルさしは不要ですか?

A.不要です。

ブラウンシリーズ9の9250cc・9295cc・7897ccなどでは自動洗浄機が付属されています。その自動洗浄機が、洗浄から充電、潤滑、乾燥までの一連の流れをやってくれます。しかも、アルコール洗浄システムで99.9%の除菌率と、ほぼ完璧な除菌です。

必要なのは、プラグをコンセントに差してシェーバーを洗浄機にセットすること、洗浄剤がなくなったら補充すること、それだけです。

また、パナソニックラムダッシュ5枚刃の自動洗浄機付きシェーバーです。こちらも洗浄から充電、潤滑、乾燥まで一連の流れを自動洗浄機がやってくれます。洗浄剤の中に潤滑剤も含まれているため、オイル差しは不要になっています。

フィリップスの回転式シェーバーはオイル差し不要ですか?

A.不要です。

フィリップスが販売している回転式シェーバーは、自動研磨機能がついているので、シェーバーオイルを使う必要は基本的にありません。

まとめ:シェーバーオイルは刃を長持ちさせる

男性には欠かせない美容アイテムとも言える電気シェーバー。何十年もお付き合いしているのに、シェーバーオイルでのメンテナンス方法を知らないという方も多いのではないでしょうか?

最近、シェーバーの駆動音がうるさい、切れ味が落ちてきた、髭剃りをした後にヒリヒリする、カミソリ負けしてしまう・・・このような時には、シェーバーオイルでメンテナンスしてみましょう。

できれば、不調を感じる前に定期的にメンテナンスすることをおすすめいたします。

参考リンク

肌荒れを防ぐためには髭剃りの手順が大切。以下で肌荒れしにくい髭剃りの仕方を解説しているので参考にしてください。

カミソリ負け
カミソリ負けの原因と治し方!髭剃りで赤いブツブツを作らないための秘訣
ABOUT ME
ヒゲリーマン
ヒゲリーマン
ヒゲのことならお任せを。中学生からヒゲの濃さに悩まされ、10を超えるクリニック&サロンに通ったヒゲリーマン。ヒゲ脱毛やおしゃれヒゲの作り方を解説しているぞ。ヒゲリーマンの記事一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です