ダイエット

チートデイで停滞期を抜け出せ!ダイエットを効率よく行うためのやり方と頻度とは

チートデイ アイキャッチ

チートデイとは「1日だけ、食べたいものを好きなだけ食べる日を作る」こと。ダイエットを成功させるために効果的な方法です。

「そんなことをしたらリバウンドしそう。今までの努力が無駄になりそう。」と思う人もいるでしょう。しかし、チートデイのやり方や頻度さえ間違えなければ、今までよりも簡単にダイエットを成功させることができますよ。

  • 食事制限が辛くて、挫折してしまった
  • 食事のストレスで、逆に太ってしまった
  • 停滞期が抜け出せずにリバウンドしてしまった

など、ダイエットの辛い部分を改善して、ストレスを溜めずにダイエットを続けられるのがチートデイのメリット。ダイエットの停滞期で挫折してしまっていた人も、身体を錯覚させて、最短で停滞期を抜け出しましょう!

先にやり方と頻度について知りたいという人は、「ダイエットを成功させる:チートデイの正しいやり方と頻度」をご覧ください。

そもそもチートデイとは?

チートデイとは

ダイエット中に食べたいものを我慢して、身体に疲れを溜めてしまったり、ストレスを感じたりしていませんか?

チートデイは「1日だけ、食べたいものを好きなだけ食べる日を作る」ことで、効率的にダイエットを成功させるための方法です。

「好きなものをたくさん食べて、本当にダイエットが成功するの!?」と驚く方もいるかもしれませんが、しっかりと正しい方法でチートデイを活用すれば確実にダイエットを成功させることができます。

ここでは、チートデイに関する基本的なことについて紹介していきます。

チートデイの語源は「騙す・ごまかす」

チートデイの語源は、チート(cheat)「騙す・ごまかす」という意味からきていて、身体をうまく騙すことによって、ダイエットを成功させる方法のこと。

チートデイでは暴飲暴食を繰り返すのではなく、意図的に「1日だけ、食べたいものを好きなだけ食べる日を作る」ことで、痩せやすい体質に変えることができるのです。

特に、ダイエットなどの減量期で停滞期を迎えた人におすすめ。チートデイを取り入れれば、辛い減量期を早く抜け出し、効率的にダイエットを成功させることができます。

チートデイの目的:ストレスを減らして、リバウンドを防ぐ

チートデイを行う目的は、減量期間における停滞期を早く抜け出すことで、効率的にダイエットを成功させることです。減量を開始した直後は、ある程度の体重は簡単に落ちますが、減量を続けていると停滞期が訪れます。

停滞期のおよその目安は「半月〜1ヶ月」ほどだとされており、長い停滞期を最短ルートでクリアしようというのがチートデイを行う目的です。

長い停滞期に差し掛かって、せっかく続けてきたダイエットを挫折してしまう人が少なくありません。実は、この停滞期にダイエットをやめてしまうのが一番リバウンドのリスクが高いのです。

精神的なストレスや健康状態が悪化しやすいのも停滞期の悩みですが、チートデイを導入することでリバウンドを防ぎ、心と身体の悩みも改善することができます。

ダイエットの停滞期はなぜくるのか?

チートデイ 停滞期

「ダイエットの停滞期で、挫折してしまった」という方も多いのではないでしょうか?結果が出ないとモチベーションは下がってしまいますよね。

実は、停滞期を迎えているのは、身体が変革期を迎えている証拠です。この停滞期をうまく乗り越えることができると、ダイエットを成功させることができます。

停滞期のメカニズムを知っていれば、成果が出なくても諦めずにモチベーションを維持することができます。今までの努力を成功につなげるために、停滞期を乗り越えるための心の準備をしておくことが大切です。

停滞期がくるメカニズムを知って、必ずダイエットを成功させましょう!

恒常性維持で、今までの体重を維持しようとする

少し体重が落ちた時に停滞期が来るのは、無意識に自分の身体を守ろうとしている証拠です。人間には、生命維持に不可欠な「恒常性維持」という機能が備わっています。

自分はダイエットをしているつもりでも、体重が減ると身体が飢餓状態に陥っていると勘違いをして、今までの体重を維持しようとするのです。これが停滞期の原因となります。

また、停滞期にリバウンドしやすいのは「飢餓状態になる前に脂肪を溜めておこう」と身体が判断するからです。普段よりも食べる量が少なくても、脂肪がつきやすくなってしまっているので気をつけましょう。

停滞期の期間はどのくらい?

停滞期に入るのはどのくらい停滞期が訪れるのは、元の体重から5%の体重が減ったぐらいからだとされています。個人差があるのであくまで目安としてですが、例えば元の体重が70㎏の場合、3.5㎏体重が減った66.5㎏になるあたりです。

停滞期の期間も個人差がある所ですが、「半月~1か月ほど」だと言われています。長く感じるかもしれませんが、停滞期が終われば確実に体重は落ちていきます。

精神的なストレスが原因

最初にダイエットを始めた頃は成果も出やすいため、モチベーションを高く維持しやすいです。しかし停滞期に入ってしまうと、なかなか成果も出にくくなり、少しずつ溜まってきたストレスや疲れによって、続けることが難しくなってしまいます。

普段とは違う食生活をするということは、それだけ心や身体に負担がかかることなのです。チートデイは、その心と身体の負担も軽減しながらダイエットを行うことできます。

チートデイがおすすめな人の3つの特徴

チートデイ 3つの特徴

ここでは、チートデイを行う効果が期待できそうな人の3つの特徴について紹介します。

チートデイをおすすめできない人は、食欲を抑えることができない人です。一度食べてしまうと止められなくなる可能性があるので、自分の意志が弱いと思う人はやめておきましょう。

以下の3つの特徴に当てはまる人は、ぜひチートデイを取り入れて、ダイエットを成功させましょう。先にやり方と頻度を知りたいという方は、「ダイエットを成功させる:チートデイの正しいやり方と頻度」をご覧ください。

①食事に対して、精神的なストレスが溜まっている人

チートデイは、食事に対して精神的なストレスが溜まっていたり、食事の変化によって身体に不調が出始めている人におすすめです。

ストレスを溜めすぎると、ストレスが原因で太りやすい体質になってしまい、効率的にダイエットを成功させることはできません。無理なくダイエットを続けるためにも、チートデイをうまく活用して、食事に対するストレスを改善させましょう。

食事制限をしていても、食事に対してストレスがなければ、特にチートデイを行う必要はありません。そのまま努力を続けて、理想の体形を目指しましょう。

②食事制限をしている人

食事制限をしている人チートデイは、食事制限をしている人におすすめです。食事制限をせずにチートデイを取り入れてしまうのは、ただの暴飲暴食です。しっかりと食事制限をした上で、チートデイを取り入れるようにしましょう。

無駄な脂肪をつけずに筋肉を増やしたいという方には、「リーンバルク」がおすすめ。筋肉を大きくするために必要な食事量をまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

無駄な脂肪をつけない『リーンバルク』で筋肉を増量する方法!ダーティバルクとの違いや食事方法を徹底解説

③元の体重から、5%体重が減った人

チートデイは、ダイエットで停滞期を迎えた人におすすめ。まずは、元の体重から5%減ってから、チートデイを取り入れるようにしましょう。

ダイエットを始めて最初の頃は、比較的簡単に体重が落ちていきます。チートデイは、身体が恒常性維持の機能させる停滞期に取り入れるのが有効的です。

体重が落ちていない人は停滞期に入っていないことが多いので、適度な運動と食事制限を繰り返して、徐々に体重を減らしていきましょう。

下の記事では、室内でできる8つの有酸素運動についてまとめています。室内で行えば、気候に左右されることなく、忙しい人でも無理なく続けることができます。まずは身体を動かして、体重を落としていくことが大切です。

室内 有酸素運動
室内でできる8つの有酸素運動!続けやすくて、脂肪を簡単に落とせる方法とは?

ダイエットを成功させる:チートデイの正しいやり方と頻度

チートデイ やり方
お待たせしました。これから実際にチートデイのやり方についてご紹介していきます。ストレスを溜めずに、効率よくダイエット・減量を成功させましょう!

チートデイを行う頻度

チートデイで一番重要なのが、『頻度』です。無計画にチートデイをするのは、ただの暴飲暴食になるのでやめましょう。

各々の体脂肪率によって、チートデイを作ってもいい頻度は異なりますので、下に目安を書いておきます。体脂肪率が高い人ほど、チートデイの間隔をあけてください。

  • 体脂肪率20%前後→2週間に1回
  • 体脂肪率15%前後→10日に1回
  • 体脂肪率10%前後→1週間に1回
  • 体脂肪率7%以下→4日に1回

基本的には体脂肪率が25%以上の人に、チートデイは必要ありません。食事制限と適度な運動をして、少しずつ体重を落としていきましょう。

チートデイの食事方法

チートデイの食事方法チートデイでは、特に決まった食事はありませんので、どんな食事をしても基本的には大丈夫です。無理をしてたくさん食べる必要もないので、丸1日は好きなものを好きなだけ食べてください。

ただし、チートデイで一番やってはいけないことは、減量中だからといってどこかで我慢をしてしまうことです。この日は自分へのご褒美だと思って、思いっきり食事を楽しんでください。この日に、どれだけ溜まっていた精神的なストレスを解消できるかが大切です。

チートデイの翌朝:気持ちの整理

当たり前のことですが、チートデイの翌日の朝は体重が増えます。ここで落ち込んだり、罪悪感を感じたりする必要は全くありません。チートデイは効率よくダイエット・減量を成功させるために行っているのですから、目先の結果に捉われずに、頻度を守ってこれからも努力を続けていきましょう。

チートデイで注意すべき点

チートデイ 注意点チートデイにおける注意すべき点を紹介します。効果的にチートデイを行うために、注意点をしっかりと守って行いましょう。

食べ過ぎを気にしない

先ほども説明しましたが、チートデイの日は食べることを我慢してはいけません。むしろ「食べることでダイエットできる」という心意気で食事をしましょう。チートデイでは食べることで身体を騙すだけでなく、精神的なストレスを発散する日です。

好きなものを好きなだけ食べることで、精神的にも肉体的にも元気を取り戻して、理想的な体つくりを目指しましょう。

チートデイの頻度を必ず守る

これも当たり前のことですが、チートデイの頻度を守るようにしましょう。メリハリがとても大事です。チートデイの翌日は胃が拡張していることもあって、食欲が抑えきれない危険性もあります。理想の体形を手に入れるために、食欲や誘惑に打ち克ちましょう。

チートデイが身体に合わない人には、ファスティングがおすすめ

ファスティングとは、断食のこと。

ファスティングの効果は最近の研究で立証され、体外に毒素を排出したり、身体本来の免疫機能を高める効果があるとして注目を集めています。

イスラム教などでは古来から断食の文化が引き継がれており、「ラマダン」の時期に毎年行われているのです。

下の記事では、ファスティングの驚くべき効果とそのやり方についてまとめています。ファスティングを成功させるためには、準備期間と回復期間の食事の摂り方が重要。ぜひその効果を自分の身体で実感してみてください。

ファスティング アイキャッチ
ファスティングとは?効果・回復食・やり方・おすすめの酵素について解説

まとめ:チートデイで確実にダイエットを成功させよう!

ダイエットを成功させるために、大食いが効果的というのは意外ですよね。

正しいやり方と頻度でチートデイを行えば、1か月の停滞期をすぐに抜け出すことができます。効率的にダイエットを成功させるためにぜひ試してみてください。

チートデイを行う上で重要なのは自己管理です。食欲や誘惑に負けずに、理想の体形を手に入れましょう。

参考リンク:

「走っているのに、なかなか痩せない」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか?有酸素運動しているのに痩せないという方は、エネルギーを消費するための筋肉量が足りていない可能性が高いです。

効率的にダイエットを成功させるためには、筋トレで筋肉量を増やしていくのが近道!さらに有酸素運動を組み合わせることで、脂肪を着実に落としていくことができます。

ランニングでダイエットの結果が出ないという方は、下の記事を参考にしてみてください。

皮下脂肪 落とす アイキャッチ
男の皮下脂肪は「有酸素運動&筋トレ」で落とす!自宅筋トレと食事方法を解説
ABOUT ME
けい@NBA
けい@NBA
東京都在住、バスケットボールの元国体選手です。DanLead内では筋トレの記事を寄稿しています。趣味はNBA観戦。 けい@NBAの記事一覧