出会い

マッチングアプリでメッセージを続けたいならこの例文を使え!返信率をあげるファーストメールのコツを解説

マッチングアプリ返信室をあげる文章

「マッチングアプリを使い始めたけどメッセージが続かない…」「ペアーズで可愛い子とマッチしたけど、1通目の返信がない…」という悩み、マッチングアプリを使った男性なら誰しもありますよね。

そもそも、マッチングアプリで簡単に返信が返ってくると思っているのが大きな間違い。100人とマッチして、20〜30人と1通目のメッセージができて、2〜3人とデートの約束までこぎつければ十分なんです。

とはいえ、何回も無視されたり断られるのは辛いですよね・・・この記事を読めば、

  • 1通目の返信が返ってくる確率が上がる
  • 途中でメッセージを無視されることがなくなる
  • デートに誘うことができるようになる

と、マッチングアプリのメッセージの成功率がグンっと上がる秘訣を紹介します。よくあるハウツーだけでなく、1つ1つ丁寧な「例文」を使って解説するので、あなたも例文通りにメッセージをすれば、素敵な女性とメッセージをすることができますよ。

メッセージは返ってこなくて当たり前!?マッチングアプリの男女差を状況を理解しよう!

メッセージは返ってこなくて当たり前!?マッチングアプリの男女差を状況を理解しよう!
最初に残念なことを断言しますが、マッチングアプリでメッセージが返ってこないのはある意味当たり前です。

男性のみなさんは、毎日いいねを繰り返してやっと素敵な女性とマッチした…と浮かれているかもしれませんが、女性側には毎日大量のいいねが届き、男性とマッチしたかどうか把握すらしていない女性も多いです。

女性には大量の男性からメッセージが届くので、1つ1つ見ている暇はありませんし、気になる男性にしかメッセージを返さないのは当たり前のことですよね。

しかも、女性側では毎日何十通もメッセージやいいねリクエストが来るのが普通。モテる女の子であれば100通以上(毎日ですよ)が来るのも珍しくありません。

繰り返しになりますが、男性としてマッチングアプリを使う上では、メッセージは返ってこなくても当たり前ということを理解しておきましょう。

その上で、少しでもメッセージが返ってくる確率をあげることが大切。仕事の営業と同じで、アタックする回数を増やし、成功確率をあげることが重要なんです。

ここからは、例文付きでマッチングアプリのメッセージのコツを紹介していくので、参考にしてください。

女性の心を掴むファーストメッセージの例文とコツ


相互のいいねが成立しているということは、少なからずあなたのプロフィール(主に写真)は気に入ってもらえています。「生理的に無理…」というレベルであれば、そもそもマッチしないので、マッチする以上はメッセージ次第です。

まずは、ファーストメッセージの良い例文と悪い例文を一気に見てみましょう。

初めまして●●です。

写真を見てタイプだったのでメッセージしました。ショートヘアすごく似合ってますね!

2枚目の写真、鎌倉ですよね!よく鎌倉の方に行かれるんですか?

いいねありがとうございます!プロフィール見て趣味が近いと思ったので、よかったらメッセージしましょう。

ファーストメッセージの良い例文と悪い例文の違いはわかりましたか?

最大のポイントは、返信する内容が簡単にわかるかどうかなんです。深く考えないと返せない内容や、なんて返していいかわからないメッセージを送ってしまうと、ガクンと返信率が落ちてしまいます。

例文は該当箇所を修正してそのまま使ってもいいですし、あなたなりにアレンジしてもOKです。アレンジする際には、以下の5つのコツをおさえてくださいね。

  1. 返事をしやすい話題を振る
  2. 挨拶は短めに、受信ボックスで内容が見れるようにする
  3. ツイッターと思って短くまとめる
  4. 具体的な褒め言葉を使う
  5. PDCAを回す

それぞれ詳しくみていきましょう。

1.返事をしやすい話題を振る

返事をしやすい話題を振る

ファーストメッセージを返してもらうためには、返信しやすい内容にしておくことも大切。考えなければ返信できない内容は絶対に盛り込まず、友達との気軽なLINEのように返信できる内容にしましょう。

また、最初のメッセージでいくつも質問してしまうことがありますが、これはNG。最初のメッセージでは話題を1つだけに絞り、相手が返信しやすいように配慮しましょう。

2.挨拶は短めに、受信ボックスで内容が見れるようにする

挨拶は短めに、受信ボックスで内容が見れるようにする

マッチングアプリのファーストメッセージは「目立ってなんぼ」です。女性がメッセージを受信して返信するまでには、

  1. 受信ボックスからメッセージを開ける
  2. メッセージの内容を読む
  3. 返信のメッセージを打つ

という流れになりますが、一番難易度が高いのが「1.受信ボックスからメッセージを開ける」です。

ほとんどのマッチングアプリでは、既読にしなくてもメッセージの一部分が見えます。例えばペアーズであれば、メッセージの最初が見れるようになっています。LINEと同じですね。

メッセージを開けて読んでもらうためには、見える冒頭部分で女性を惹きつけるのがポイント。ダラダラとありきたりの挨拶をしている余裕はありません。挨拶は短めに終わらせるか、挨拶の前に目立つ言葉を使うのがおすすめです。

3.ツイッターと思って短くまとめる

ツイッターと思って短くまとめる
マッチングアプリのファーストメッセージは、ツイッターに書くと思って短くまとめるのがポイント。初めてメッセージのやりとりをする人から、ダラダラと長い文章が書いてあったら読む気持ちが失せますよね。

あなたのメッセージを読んでもらえるのは10〜15秒程度と覚悟しましょう。一般的な日本人がその時間内に読めるのは100〜140文字くらいなので、ちょうどツイッターのツイートと思ってメッセージを送るのがおすすめです。

4.具体的な褒め言葉を使う

具体的わかりやすい
マッチングアプリのメッセージで女性を褒めるというのは鉄板中の鉄板。誰でも当然のようにやっているので、普通に褒めるだけではインパクトがあまりありません。

女性を褒める際に大切なのは、”具体的”に褒めること。写真やプロフィールから得られる情報は少ないですが、可能な限り具体的に褒めましょう。

【参考】女心を揺さぶる褒め方講座

女の心を揺さぶる褒め方のテクニック!イケてる男はすぐにやる3つの褒め方講座
女子の褒め方テクニック講座!褒め上手になれば女心を揺さぶるのも楽勝だ!

5.PDCAを回す

PDCAを回す
「たかがマッチングアプリのメッセージでPDCA!?」とポカーンと疑問に思った人も多いでしょう。

PDCAを回すというと大げさですが、毎回同じメッセージを送るのではなく、自己紹介や内容を少しづつ変えて相手の反応をみていくことがメッセージの返信率をあげる上では欠かせません。

運命の人と会いたい」「セフレが欲しい」など、マッチングアプリを使う目的は人それぞれでしょうが、メッセージの返信率をあげるためには試行錯誤しましょう。

*PDCAを知らない人はググってくださいね

メッセージを続けて会う気にさせるネタとポイント

メッセージを続けて会う気にさせるネタとポイント

ファーストメッセージがうまく行って相手からの返信が来たら、次はメッセージを続けていきたいですよね。せっかく繋がった縁ですから、簡単に切れないようにしましょう。

メッセージを続ける上で好まれるネタとしては、奇をてらわずに普通のネタの方がおすすめです。

  • 今まで行った旅行先や行きたい場所
  • 好きな食べ物やスポーツ
  • ハマっている趣味
  • 仕事関係の話(業界が近い場合)

ただし、ファーストメッセージと異なり、メッセージを続けていくのに例文はありません。マッチした相手の興味関心は千差万別ですので、相手に合わせてメッセージ内容を変える臨機応変な対応が大切です。

とはいえ、メッセージを続ける上で大切なポイントはいくつかあります。

  • 質問攻めにしない
  • グイグイ押すのか、引くのかスタンスをはっきりさせる
  • 適切な頻度でメッセージを送る

それぞれ詳しくみていきましょう。

1.質問攻めにしない

膝が内側に入らないようにする

女性に嫌がられるのが、質問ばかりしてくる男。「●●は好きですか?」「●●に行ったことあるんですか?」などと、会話のきっかけを掴むために質問をするのはいいですが、質問ばかり続くのはNGです。

女性があなたの質問に回答するだけで会話が終わってしまう場合でも、無理に質問を続けるのではなく、違う切り口から会話をしてみましょう。

2.グイグイ押すのか、引くのかスタンスをはっきりさせる

.グイグイ押すのか、引くのかスタンスをはっきりさせる

マッチングアプリのメッセージでは、グイグイ押すのか引くのかをはっきりさせましょう。基本的には男性が主導権を握って会話をエスコートするのが好ましいです。

また、女性は数多くの男性からメッセージが来ているので、「引くスタンス」でいると会話が続かないことも多いので、まずはグイグイ行くスタンスで攻めましょう。

ただし、女性もあなたに興味を持っていると感じられるようであれば、引いてみるのも手です。手に入りそうで入らないものに惹かれるのが人なので、女性が追ってきそうと感じたら引くスタンスをとってみるといいでしょう。

3.適切な頻度でメッセージを送る

生活リズムにあわせてメール

記事の後半の「マッチングアプリの適切なメッセージ頻度」で詳しく解説していますが、メッセージを続けるためには頻度も重要。一方的に送りつけるのではなく、相手の生活リズムを理解して、無理のない範囲で返信してもらえるように気配りしましょう。

また、メッセージの頻度に正解というものはありません。相手に合わせて、お互いが気持ちよく続けられる頻度を探ってみるのがおすすめです。

初デートに誘うメッセージの例文とコツ

初デートに誘うメッセージの例文とコツ

マッチングアプリ上でのメッセージをある程度続けたら、思い切ってデートに誘いましょう。デートに誘う際には、メッセージをしている中で知った情報を元に、OKをもらいやすい誘い方をするのが大切。

また、メッセージのやりとりの中で、好きな食べ物を聞いておくのもおすすめです。「●●を食べに行こうよ」と、食事デートに誘いやすくなりますよ。

ここからは、マッチングアプリのメッセージで、デートに誘う良い例文と悪い例文を紹介するので、参考にしてくださいね。

何回かやりとりをした上でデートに誘う例文です。初回のメッセージでいきなりデートに誘うのは、成功確率が低いのでおすすめしません。

●●さんとメッセージしていて、すごく波長が合うなぁ〜と感じたので、一度ランチに行きませんか。

1〜2時間くらいのランチで、お互いに相性確かめれればと思います^^

渋谷か恵比寿で美味しいお店を知っているので、どちらがいいですか??

新宿でフレンチの美味しいお店があるんだけど、●月●日の19時から行きませんか?

良い例文と悪い例文の大きな違いは、「誘う時間帯」と「誘い方」の2つです。この後詳しく解説するので、自分なりにアレンジするための「コツ」をみていきましょう。

  1. 夜のデートは避け、お昼やお茶の2時間程度で終わるデートに誘う
  2. Yes/NoではなくA/Bの2択の質問にする
  3. ドタキャンされてもがっかりしない

それぞれ詳しく解説していきます。

1.夜のデートは避け、お昼やお茶の2時間程度で終わるデートに誘う

ランチに誘う

マッチングアプリのメッセージでいきなりデートの誘いがくると、「カラダ目的かな」「彼女や奥さんいるけど遊びたいだけかも…」という警戒心を女性は持ちます。特に、ディナーやバーなどの”夜”の時間に誘われた場合は、警戒心が強くなって断られる可能性が高まります。

最初のデートに誘う時は、夜のデートは避け、お昼やお茶の2時間程度で終わるデートに誘いましょう。2時間程度であれば、「顔がタイプでない」「居心地が悪い」などの心配をせずに、女性が気軽にOKをしやすくなります。

間違っても、マッチングアプリのメッセージでいきなり水族館やディズニーランドのデートに誘うのはやめましょう。メッセージのやりとりでそれらの話題が出ていたとしても、初回は2時間程度で終わるデートにしておくのが無難です。

【参考】初デートに着ていく服に悩んだらチェック!

初デートの服装はキレイめカジュアルがおすすめ!ダサイと思われない6つのポイントを伝授
初デートの服装はキレイめカジュアルがおすすめ!ダサイと思われない6つのポイントを伝授

2.Yes/NoではなくA/Bの2択の質問にする

Yes/NoではなくA/Bの2択の質問にする
プロのセールスマンも使っている「二者択一法」という心理学の技術を使って、初デートへのお誘いを成功させましょう。

二者択一法とは、Yes/NoではなくA/Bの2択の質問にすること。例えば、「表参道でランチに行かない?」という質問ではなく、「今度ランチに行こうよ。表参道と渋谷ならどっちがいい?」という質問にするということです。

二者択一で質問をされると、ついついどちらかで答えてしまうというのが人間の心理。初デートに誘う際には、二者択一法のテクニックを活用しましょう。

3.ドタキャンされてもがっかりしない

ドタキャンされてもがっかりしない
マッチングアプリのメッセージで意気投合して、いざデートの日になったらドタキャン・・・これはマッチングアプリあるあるです。

冒頭でもお伝えしましたが、マッチングアプリで女性とデートにいくのは「営業」に近いものです。アタックする数を増やして、素敵な女性に巡り会うまで、根気強く続けましょう。

【参考】絶対に成功させる初デートの誘い方

女性を初デートに誘う方法!絶対に成功させる初回デートの誘い方を伝授

マッチングアプリの適切なメッセージ頻度

メッセージ頻度
「マッチングアプリ メッセージ 頻度」などと検索すると、サイトによって説明されている内容が違うので、どれが正しいのか迷ってしまいますよね。

実は、メッセージの頻度に正解はありません!

仕事ではなく恋愛をしたい人同士のやりとりですので、絶対に正しい正解を求めることがそもそも間違っています。とはいえ、ある程度のマナーは必要なので、以下は守るようにしましょう。

  • まずはマッチングした女性に合わせよう!
  • 途中で返信が切れても連投しない!

それぞれ詳しくみていきましょう。

まずはマッチングした女性に合わせよう!

興味を持ったきっかけを付け加える
生活リズムは人それぞれ。日中に仕事をしている人もいれば、夜に仕事をしている人やシフト制の人もいます。繰り返しになりますが、メッセージの頻度に正解はありません。まずはマッチングした女性に合わせてメッセージを送りましょう。

例えば、相手がいつも20時くらいに返信をくれるのであれば、あなたも20時前後くらいにメッセージを送るようにするといいでしょう。

また、何度かメッセージをやりとりする中で、「返信が遅くなっても気にならないから、空いてる時間に返してね」などと伝えるのもおすすめです。時間を気にするよりも、お互い楽なペースでメッセージのやりとりを楽しみましょう。

途中で返信が切れても連投しない!

途中で返信が切れても連投しない! NO NG
マッチングアプリのメッセージでよくあるのが、いい感じになっていたのにある日突然メッセージが返ってこなくなるという現象。マッチングアプリは通常の友人関係や恋人関係よりも繋がりが薄いので、メッセージを無視しやすいのも特徴です。

メッセージが返ってこなくなったからと言って、「見てもらえてますか?」「返信まだですか?」などと連投するのはNG。しつこく連投をしてしまうと、仕事が忙しくて返せていなかった(本当は返すつもりだった)人にも嫌われてしまいます。

返信がない場合は、無理に相手を追いかけるのではなく、次の相手とメッセージを始めましょう。

メッセージが面倒で続かない…そんな男性はデーティングアプリを使おう

メッセージが面倒で続かない…そんな男性はデーティングアプリを使おう

ここまで、マッチングアプリでメッセージを続けるコツを例文付きで紹介してきましたが、

「ペアーズやタップル誕生を何回もダウンロードするけど、結局面倒になってやめてしまう」

という男性も多いでしょう。そんな男性におすすめなのが、メッセージのやりとりなしでデートができるデーティングアプリ

マッチングまでの流れは基本的なマッチングアプリと同じですが、お店を指定してマッチングをするので、マッチングしたあとは日程調整をしてお店でデートするだけです。

日程調整も基本的にメッセージの必要はなし。希望の日程をポチポチと選ぶだけで日程調整が決まるんです。さらに、デーティングアプリによってはお店の予約も代行してくれるので、メッセージが面倒で続かないという人にはおすすめです。

デーティングアプリはまだまだ数が少ないのでイメージが湧きにくいと思いますが、当サイト「ダンリード」の独身男性が実際に使ってみた体験談があるので、興味がある方はご覧ください。

【参考】28歳独身男性がDineをやって5人の女性とデートした体験談

dine ダイン
28歳独身男性がDine(ダイン)をやってみたら5人の女性とデートに成功した体験談

また、Dine以外のおすすめのマッチングアプリを知りたいという方は、目的別におすすめのマッチングアプリをまとめた以下を参考にしてください。

まとめ:マッチングアプリのメッセージは例文を使いこなせ!

マッチングアプリのメッセージについて、良い例文や悪い例文をはじめ、様々なポイントを紹介してきました。

マッチングアプリで素敵な女性と会えるかどうかはメッセージ次第。今回紹介した例文を駆使して、女性と会える確率を少しでもあげてくださいね。

参考リンク:

マッチしてメッセージを開始するためには写真やプロフィール文も重要。なかなかマッチングしないな…という男性は、以下の記事を参考に、プロフィールを見直してみましょう。

出会い系のプロフィール写真
出会い系のプロフィール写真のコツを紹介!誰でも女性から選ばれる画像は用意できる
ABOUT ME
YUKI
YUKI
男性向けメディア「DanLead」の恋愛コラムを担当する32歳。恋愛経験豊富なアラサー丸の内OLが毒舌で男の恋愛を語ります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です