婚活・結婚

彼女の親に挨拶するときはココを押さえるべし!同棲や結婚の承諾をもらえる挨拶の仕方

彼女の親に挨拶するときはココを押さえるべし!同棲や結婚の承諾をもらえる挨拶の仕方

彼女との結婚を決めたあとは、どのように彼女の親に挨拶をしようか悩みますよね。

  • 挨拶に行くタイミング
  • どんな言葉で伝えればよいのか
  • 挨拶に行く服装

など、彼女の親への挨拶は、人生で何度も体験することではないので、戸惑うのは当然です。しかし、何も考えず、とりあえず彼女の親に会いに行ったりすると、失敗して取り返しのつかないことになることも。

そこで今回は、同棲や結婚の前に、どのように彼女の親に挨拶すればよいのかについて解説します。彼女との結婚を考えている人は、ぜひ参考にしてください。

同棲や結婚の前の高い壁「親への挨拶」を乗り越えよう

同棲や結婚の前の高い壁「親への挨拶」を乗り越えよう

同棲や結婚前にする彼女の親への挨拶は、どんな男性でも緊張するものです。彼女の親に快く承諾してもらうためには、信頼されるような挨拶をすることが大切。

そこで今回は、彼女の親に挨拶するとき、押さえておくべき大切なポイントをご紹介します。

彼女の親に挨拶することが決まったらやること

彼女の親に挨拶することが決まったらやること

彼女の親に挨拶することが決まったら、まずは事前準備が必要です。何も準備をせずに、彼女に言われるがままになんとなく挨拶に行くのは、失敗する要素が多くかなり危険です。しっかりと事前準備をし、心構えをしてから挨拶の日を迎えましょう。

彼女の親に挨拶に行くときに必要な事前準備は以下の3つ。

  • 訪問する日取りを決めよう
  • 持っていく手土産を探そう
  • 挨拶のシミュレーションをしておこう

それぞれ詳しく見ていきましょう。

訪問する日取りを決めよう

訪問する日取りを決めよう

彼女の親に挨拶に行く前の事前準備として、最初に行わなければいけないことは訪問する日取りを決めるということです。間違っても、自分の都合の良い日に合わせてもらうような決め方はやめましょう。

日取りを決めるときには、彼女にお願いしても問題はないですが、彼女のご両親の都合の良い日を確認し、ご両親の都合に合わせて予定を決めるのが常識です。訪問する時間もご両親の都合に合わせるのが良いでしょう。時間の希望がない場合には、食事の時間にかからない14時頃がおすすめ

ただし、ご両親から食事に誘われたときには、食事のお誘いを快諾しましょう。食事の時間にあわせて訪問するほうが良い印象になります。

また、彼女の親に挨拶に行く日取りを決める時には、余裕を持って2週間前には打診するのが良いです。相手の予定や都合もありますし、前もって都合を確認することできちんとした印象を持ってもらうことができます。

持っていく手土産を探そう

持っていく手土産を探そう

彼女の親に挨拶に行くときには、手土産を持参するのが常識です。とはいえ、どんな手土産が適切なのか悩みますよね。手土産は「気が利く人」という印象を持ってもらえるような商品を選びたいもの。

手土産を選ぶとき、彼女にご両親の好みを確認するのも良いですが、自分の地元の銘菓などを持参すると会話の話題作りにも役立ちます。また、話題作りとして手土産を選ぶのであれば、流行りの食べ物もおすすめです。

手土産の相場としては、1000円~3000円が一般的です。基本的に、のしは必要がありませんが包装はお願いしましょう。また、ケーキを手土産にするときには、切る手間がないバラのケーキの方がおすすめです。

どんな手土産を選ぶにせよ、相手のことを考えて、しっかりと選んだという思いが伝わるようなものを選びましょう。

挨拶のシミュレーションをしておこう

挨拶のシミュレーションをしておこう

彼女の親に挨拶に行く前には、挨拶のシュミレーションをしっかりと行っておくことが大切です。訪問してすぐに本題に入ると、お互いに緊張した雰囲気になってしまうので、手土産を渡した後は自己紹介や簡単な話題で場を和ませましょう。

この時、ご両親が話題を振ってくれた場合にはその話題で会話ができますが、自分から話さなければいけないような状況になったときのために、話題をいくつか用意しておくことも大切です。また、事前に彼女からご両親の趣味などを聞いておくのもおすすめ。

そして、どのような会話から本題に移すかをしっかりとシュミレーションしておきましょう。本題への入り方や、実際にどのようにご両親に伝えるのかは、しっかりと考えて十分にシュミレーションを重ねておくことが重要です。

彼女の家に訪問する時に守らないといけないマナー

彼女の家に訪問する時に守らないといけないマナー

彼女の親に挨拶に行くと、彼女のご両親はあなたが礼儀や常識のある人間かどうかを見ています。もちろん、礼儀やマナーをあまり気にしないというご両親もいますが、きちんとしていることに越したことはありません。

そこで、彼女の家に訪問する時に守らなければいけないマナーについてご紹介します。

服装は清潔感を重視!無難なのはスーツ

服装は清潔感を重視!無難なのはスーツ

彼女の親に挨拶に行く時、どんな服装で行こうか迷う方も多いはず。自宅に訪問するのにスーツは堅苦しいと思うかもしれませんが、結婚の意思を伝えるというのは人生でとても大切な出来事です。

もちろん、彼女のご両親にとっても重要なことなので、きちんとしたスーツ姿で訪問するのが無難でしょう。

ただし、ご両親によっては、「普通の服装でいいですよ」と気を遣って言ってくれるような場合もあります。そんなときには、シャツにジャケット、チノパンなど、きれいめのコーディネートで訪問しましょう。彼女の親に挨拶に行くときには、「清潔感」が何より大事です。

遅刻厳禁!時間厳守を心がける

遅刻厳禁!時間厳守を心がける

彼女の親に挨拶に行く時、約束の時間より少しだけ早く行くのがマナーだと思っている人も多いのではないでしょうか。

しかし、実は、時間より早く行くのはマナー違反とされています。もちろん、大幅に遅刻するのは問題外ですが、約束の時間より早く行くと、準備を終えていない可能性もあります。

ご両親の準備のことを考えると、約束した時間ぴったりか、もしくは約束した時間より5分ほど早いくらいで訪問するのがおすすめです。間違っても30分前や1時間前に行かないようにしましょう。

些細な事からズボラはバレる。脱いだ靴は並べよう

些細な事からズボラはバレる。脱いだ靴は並べよう

彼女の親に挨拶に行ったときには、基本的なマナーをしっかりと守りましょう。

ご両親は玄関で出迎えてくれることが多いですが、例えば靴の脱ぎ方一つとってもマナーが現れます。前向きのまま脱ぎ、脱いだ靴の向きを逆にしてきちんと揃えるなど、基本的なマナーを守ることは大切です。

普段はできていることが、緊張するとできないこともあります。当日に失敗しないよう、基本的なマナーは頭に入れておきましょう。

勝手にお茶や菓子をいただかない

勝手にお茶や菓子をいただかない

彼女の親に挨拶に行くと、お茶やお菓子が出されます。緊張のあまりのどが渇いていて、すぐにお茶を飲みたいという気持ちもわかります。しかし、お茶やお菓子は彼女のご両親から「どうぞ召し上がって下さい」と言われるまでは手を付けないようにしましょう。

そして「どうぞ召し上がって下さい」と言われたら、「ありがとうございます。いただきます。」と言ってから、お茶を飲みます。飲み方や食べ方にも注意し、マナーを守ることが大切です。

トイレを借りるときは親に断る

トイレを借りるときは親に断る

彼女の親に挨拶に行き、トイレに行きたくなったときには、ご両親に「お手洗いをお借りしてもよろしいでしょうか?」と声をかけて場所を確認しましょう。

トイレの場所がわからない場合には、彼女に案内してもらうのもいいでしょう。

彼女の親に挨拶するとき聞かれやすいこと

彼女の親に挨拶するとき聞かれやすいこと

彼女の親に挨拶に行くと、彼女のご両親はさまざまなことを聞いてきます。もちろん、ご両親からすれば、大事な娘の結婚相手になる人で、一生の付き合いになる人ですから、聞きたいことは山ほどあるのは当然です。

そこで、彼女の親に挨拶をするとき、会話の中で聞かれやすいことをいくつかご紹介します。事前に回答する内容を考えておくといいですよ。

ふたりが付き合ったきっかけ

ふたりが付き合ったきっかけ

彼女のご両親と会話をすると、返答に迷うようなことを聞かれることもあります。よく聞かれるのが、ふたりが付き合ったきっかけについてです。

彼女のご両親に付き合ったきっかけを説明するのは照れくさい感じがしますが、このような話題のときこそ、2人の仲の良さや彼女を大切に思っていることをご両親に伝えられるチャンスです。彼女と付き合ったきっかけをしっかりと伝えましょう。

ただし、マッチングアプリ婚活アプリなどのネット経由で出会うことに抵抗があるご両親も多いです。もしあなたと彼女の出会いのきっかけを両親が嫌がりであれば、事前に彼女と相談をして回答内容を考えておきましょう。

あなたの仕事に関すること

あなたの仕事に関すること

彼女のご両親は、大切な娘が幸せになることを一番に願っています。そのため、結婚後の生活についての不安があり、とくに仕事のことや金銭面がきちんとしていることは重要な要素となります。

挨拶の際や初めて会う時には、仕事に関することは詳しく聞いてくるご両親が多いです。そんなときには、見栄をはらず正直に自分の仕事について説明しましょう。

家庭環境や交友関係はどうなのか

家庭環境や交友関係はどうなのか

彼女のご両親は、家庭環境や交友関係についても関心を持っています。娘と結婚をするということは、結婚後親戚付き合いが始まるということです。

あなたの家族や周囲の人のことが気になるのは当然のことです。また、家族の話や交友関係から親や兄弟を大切にしているかなども見ています。

親や兄弟を大切にしていると感じれば、結婚後も家族を大切にしてくれる人だと安心できますし、交友関係から人柄もわかります。

そのため、彼女の親に挨拶に行く前には、家庭環境や交友関係についてしっかりと説明できるようにしておきましょう

結婚式はするのかしないのか

結婚式はするのかしないのか

結婚をするとき、彼女のご両親にとっては結婚式をするかしないかも気になるところです。娘の結婚式は、ご両親にとって一大イベント。もちろんお金もかかりますし、親戚や周囲の人への連絡など何かと忙しくもなります。

彼女の親に挨拶に行くまでに、結婚式をするかどうかを決めておく必要はありませんが、どのように考えているのかはあらかじめ答えられるようにしておきましょう。

結婚後のビジョンが明確であるか

結婚後のビジョンが明確であるか

彼女のご両親は、大切に育てた娘には幸せになってほしいと願っているものです。そのため、娘が生涯苦労しない相手かどうかを見極めようとしています。

そんなご両親が安心できるような相手だと思ってもらうためには、結婚後のビジョンをしっかりと持っていることが大切です。どのような家庭を築いていきたいのかなど、結婚後のビジョンについても聞かれることが多いので将来についても考えておきましょう。

赤ん坊の話題になることも多いので、事前に彼女と話しておくことをおすすめします。

彼女の親に挨拶するときに注意すること

彼女の親に挨拶するときに注意すること

彼女の親に挨拶するときには、礼儀や話し方など注意することがたくさんあります。とくに、話し方や言葉使いによって印象はかなり変わりますので注意しましょう。

普段から丁寧な話し方をしていない方は、訪問する前に練習が必要です。そこで、彼女の親に挨拶するときに注意することをご紹介します。

一人称や敬称の使い方

一人称や敬称の使い方

話し方で一番注意しなければいけないことは、一人称や敬称の使い方です。一人称は、自分のことを指す言葉で、普段使うような「俺」を一人称として使うと、一気に丁寧な印象がなくなってしまいます。彼女の親に挨拶するときには、「わたし」や「ぼく」の方が丁寧な印象になるでしょう。

また、彼女のことを指す言葉も、普段は「○○ちゃん」や呼び捨てで読んでいても、彼女の親に挨拶するときには「○○さん」と呼ぶのが常識です。彼女であっても、ご両親にとってはまだ結婚をしていない娘さんですから、いつものように気軽に名前を呼ぶのは避けたほうが良いでしょう。

流行り言葉、略語は使わない

流行り言葉、略語は使わない

彼女の親に挨拶に行ったときの会話の中で、流行り言葉やわかりにくい略語は使わない方が良いです。

あくまでも、彼女のご両親は目上の人になります。流行り言葉や略語を含めた会話の仕方は、目上の人に対して失礼な印象を与えます。正しい言葉を使って会話をするのがおすすめです。

避けた方が良いフレーズ

避けた方が良いフレーズ

手土産を持参した際、「つまらないものですが」という言葉をつい使ってしまいがちですが、この言葉は現代では失礼な印象を与える場合もあります。もし言葉を添えるなら、「心ばかりですが」や「お好きだと伺いましたので」など、思いを伝えられるような言葉がおすすめです。

また、緊張のあまり、ご両親に対し「お嬢さんをください!」と言ってしまうこともあります。これも彼女をモノ扱いされているような印象を与えるので避けましょう。「お嬢さんとの結婚をお許しいただけないでしょうか」など、丁寧な印象を与える言い方がおすすめです。

彼女が妊娠しているとき

彼女が妊娠しているとき

最近では珍しくない「授かり婚(デキ婚)」。しかし、妊娠がわかってから彼女の親に挨拶に行くのは、ハードルが高いものです。

ご両親によっては順番が逆であると悪い印象を持たれることも多く、そんなご両親の気持ちを考え、より誠意を持った挨拶が必要となります。

授かり婚での挨拶で注意しなければいけないのは、妊娠したから結婚を決めたと思われないことです。そのため、もともと結婚の意志があったということを伝え、結婚と妊娠の順番が逆になってしまったことを謝罪する必要があります。

さらに、結婚を承諾していただくためのお願いと、これから二人で力を合わせて子供を育てていくという意思をしっかりと伝えましょう。

彼女の親に結婚を反対されたときの対処法

親に結婚を反対されたときの対処法

彼女の親に挨拶をした場合、必ずしもご両親が祝福してくれるわけではありません。二人の結婚に反対するご両親もいるでしょう。彼女のご両親に結婚を反対された場合の対処法として最も大切なことは、反対される理由を理解し受け止めることです。

ご両親が結婚を反対する理由はさまざまです。大切な娘が幸せになるための相手として、性格や経済面、家族や交友関係など、あなたに問題がある場合もあります。

また、彼女の問題で結婚を反対していることも考えられます。ご両親が娘の結婚を受け入れられないということだって考えられるのです。

どんな理由にせよ、反対される理由を理解し、解決していくことが大切です。また、ご両親との関わりを多く持ち、信頼関係を築くことで解決することもあります。一人で抱え込まず、彼女と一緒に乗り越えていくことが大切です。

まとめ:彼女の親に挨拶するときは誠意をもって気持ちを伝えよう

彼女の親に挨拶をするのは、誰でも緊張するものです。もちろん、彼女のご両親にとっても、大切に育てた娘が結婚するということは不安が多いもの。そんなご両親の思いをしっかりと受け止め、誠意を持って自分の気持を伝えることが大切です。

悩むことや苦労することもありますが、結婚を承諾していただくということは、人生の中でも重要で貴重な時間となります。事前準備をしっかりと行ない、ご両親に信頼されるような態度で挨拶に臨みましょう。

参考リンク:

彼女のご両親に挨拶に行く際には、身だしなみを整えるのがとても大切。青髭や無精髭は絶対にいい印象を与えないので、しっかりとヒゲを整えていきましょう。清潔感を高めるために下記記事を参考にしてみてくださいね。

モテたいなら清潔感がある男になれ!女性からも男性からも好かれる好青年になる方法を総まとめ
モテたいなら清潔感がある男になれ!女性からも男性からも好かれる好青年になる方法を総まとめ
ABOUT ME
YUKI
YUKI
男性向けメディア「DanLead」の恋愛コラムを担当する32歳。恋愛経験豊富なアラサー丸の内OLが毒舌で男の恋愛を語ります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です