フレグランス

モテ男になるための香水の付け方講座。男は匂い次第で女性をメロメロにできる!

モテ男になるための香水の付け方講座。男は匂い次第で女性をメロメロにできる!

すぐにおすすめの香水が知りたい方はこちら!
おすすめのメンズ香水10選

香水を使うなんて男らしくない…そう思っている男性は要注意!女性は香水を上手に使っている男に弱いんです。

香りは理性を失わせる力を持っているので、気付かぬうちに良い匂いのする男性に夢中になっていた…なんて、よくあること。

モテ男になりたかったら香水を上手に使うテクニックを身に付けましょう。今回紹介する香水の付け方をマスターすれば、あなたも女性をメロメロにすることができます。

でも、香水の使い方を間違えると迷惑な男になってしまう危険があるんです。香りで女性を引き付けたい男性は間違った使い方をしないように気を付けて!

この記事を読んで、香りのパワーを最大限に引き出せる香水の付け方を覚えてください。

ベストな香水の付け方は男女で違う

ベストな香水の付け方は男女で違う

香水は香りをどうまとわせるかが非常に重要。最高のフレグランスだったとしても、使い方を間違えると、香害を引き起こしてしまいます。それに加えて、香水の付け方は男女で違うということも覚えておかなくてはいけません。

香水は体に付けてから、体温によって温められることで成分が揮発して香りが広がります。つまり、体温によって香りの強さが変わるということ。体温が高いほうが揮発するスピードが速くなるので、香りが強くなります。

そして、男女で平熱に差があるということも押さえておきたいポイント。平熱が高い男性が女性と同じような香水の付け方をしてしまうと、匂いが強くなり不快感を与えてしまいます。男性が香水を使う時には、女性向けの利用法ではなく、男性の体に適した付け方を知っておくことが大切です。

香水の付け方

香水の付け方

どんな香りを選ぶのかに熱中する人が多いようですが、香水選びと同じくらい重要なのが香水の付け方。付け方ひとつで香水の魅力が半減してしまうことがあるので、香りに合わせた付け方を知っておく必要があります。

ここでは、香水を付ける時の基本について説明します。様々な付け方がありますが、それぞれに良さがあります。付け方ごとの特徴を押さえて、上手に香水が使えるようになってください。

手首に出して体につける

手首に出して体につける

香水の付け方としてよく知られているのが、手首に出して体に付ける方法。手首に付けてから、体の各部位に付けるようにすれば、少量ずつ各部位に付着させることができます。

体のあちこちから香りを感じさせたいという時に向いている使い方で、香水初心者の人でも使える方法です。

一か所に大量に香水がついてしまうと、香りが強くなりすぎてしまうという問題が出てきますが、手首に先に付けてから各部位に分散させれば、香りの一点集中を防げます。

空気中に出してくぐる

空気中に出してくぐる

香りを体全身にまといたい時には、空気中に香水を出してくぐるという方法が便利です。空気中に香りが広がるので、香りのシャワーを浴びるようにして香水を付けることができます。時間がかからない付け方で、お出かけ前の時間がない時に向いています。

ただし、上半身に香水が付くので、強い香りは避けておいたほうがベターです。爽やかで香りが薄い種類の香水なら、空気中に出してくぐる付け方が適しています。

素肌に直接つける

素肌に直接つける

体の各部位に直接香水を付ける方法は、一か所に香りをつけて、そこから香りを広げる方法です。そのため、体のどこに付けるかで、香りの広がり方が大きく変わります。また、一か所に香りをつけるので、香りの変化をしっかりと感じることができる付け方です。

素肌に直接つける時には、付けた後にしっかりと乾かしてから衣類を着るようにしてください。布に付くと紫外線を浴びた時に変色の原因になります。衣類の種類によっては、香水を付けた瞬間に色落ちしてしまうことがあるので気を付けましょう。

香水はこすってはいけない

香水はこすってはいけない

香水を付ける時にやってしまいがちなのが、香水を付けた部位をごしごしとこすって香りを体に付着させる行為です。

香水をこすると強い摩擦が加わり、香り成分が揮発してしまう原因になります。そうすると、一気に香りが飛んでしまい、長く香りを楽しむことができなくなってしまうのです。

それに、香り分子が壊れてしまうと、本来の香りを楽しむことができません。香水を体に付けた後は水分が蒸発するまで触らずにおきましょう。待っていれば自然に乾きます。

男性はどれくらい香水をつけたらいい?

男性はどれくらい香水をつけたらいい?

香水を付ける時には、付ける量にも気を配ってください。香水を付けすぎると、香りが強くなり過ぎて周囲に迷惑をかけてしまいます。

香りは自分では判断することが難しいと言われており、特に同じ香水を長く使っていると嗅覚がマヒしてくるので、香水を付けすぎてしまうという失敗を起こしがち。

自分でハッキリと香るほどの量を付けると付けすぎになっていることが多いです。ほんのりと香りがする程度にすれば、周囲は丁度良いと感じるでしょう。

目安としては、基本的にワンプッシュで十分!それ以上使うと付けすぎになる危険があると思っておいてください。

香水をつける場所は?

香水をつける場所は?

香水は付ける場所によって香りの広がり方が変わります。これは、付ける場所の体温がそれぞれ違うから。

体温が高い場所につければ、短時間で強く香ります。逆に体温が低い場所なら穏やかに香り、長持ちします。

そして、香りは下から上に向かって香りが広がるので、上半身に付けるか下半身に付けるかでも、香り方が変わってくるのです。

これから、体の部位ごとに香りがどのように広がるかを説明します。

髪の毛やうなじなど上半身につけると強く香る

髪の毛やうなじなど上半身につけると強く香る

自分でも香りを楽しみたい方におすすめなのが、髪の毛やうなじなど、上半身に香水を付ける方法。上半身は鼻に近いので、香りをダイレクトに感じることができます。髪の毛に付けた場合には、髪が揺れるたびに香りが広がります。

うなじの場合には、体温が高い場所なので香り成分が揮発しやすくなり、香りが強くなるのが特徴。髪の毛に付けた時は軽くふわっと香る感じになり、うなじの場合には濃い香りが広がるといった違いがあります。

腰や太ももなど下半身はほのかに香る

腰や太ももなど下半身はほのかに香る

香りをほのかに感じさせたい場合には、腰や太ももなど下半身に付ける方法がおすすめです。下半身に香水を付けた時には、すぐには香りが広がりません。

でも、付けてからしばらくすると、下半身から立ち上ってきた香りで、上半身まで香りをまとうことができます。

腰や太ももは衣類を着けていることが多いので、服の隙間から香りが広がってくる感じです。布をはさむことで香りがソフトになり、まろやかな香りに変化させることができるでしょう。

男性は腰に付けてほのかに香るのがおすすめ

男性は腰に付けてほのかに香るのがおすすめ

男性が香水を使う時には、香りが強くなり過ぎないようにすることが最も大事。女性なら多少香りが強くても大丈夫ですが、男性は控えめに香らせる方が周囲からの印象が良くなるからです。

そのため、腰に付けてほのかに香るように調整すると香水で失敗せずにすみます。腰に付ける時には、ウエストのあたり、横か背中に付けると良いでしょう。

また、食事の席では、必ず腰よりも下に付けるようにしてください。上半身に付けると香りが強くなり過ぎて、食事の邪魔をしてしまいます。

香水をつけるタイミングは?

香水をつけるタイミングは?

香水を使う時には、香りが変化するということも考慮して付ける時間を調整してください。付け始めが最も香りが強く、徐々に弱くなっていきますが、商品によって持続時間や香りが変わるタイミングが違います。

そのため、香りの変化を逆算して、最も良いタイミングで好みの香りになるように調整して使うことが大切。タイミングがずれてしまうと香りが強すぎたり弱すぎたりして、本来の良さを発揮することができません。

香りの強さは時間によって変化する

香りの強さは時間によって変化する

香水は何度も香りが変化するということを知っていましたか?購入する時には香水ボトルから出たばかりの香りしか分かりませんが、体に付けた後には何時間もかけて香りが変化していくのです。

これは香り成分によって揮発する時間に差があるからで、シトラス系などはすぐに揮発しますが、ムスクなどは数時間後に香りが強くなります。付けた瞬間に香る成分と、数時間後になってから香りが出始める成分があるということを覚えておきましょう。

トップノート

トップノートというのは、香水を付けてすぐ~10分後程度の初期の香り。揮発性の高いシトラスやベルガモットなど、爽やかで軽い感じの香りが多いです。他にも柑橘系のレモンやオレンジ、グリーン系の香りがあります。

トップノートは早い段階で香りが無くなってしまうことと、その香水本来の香りとは少し異なるのが特徴。ここで香水を付け足してしまうと、付け過ぎになってしまう危険があるので注意しましょう。

ミドルノート

香水のボディとも言われるのがミドルノート。香りの中心的存在です。ミドルノートになるのは、6割~7割がフローラル系で、香水を付けて30分後から1時間後くらいの香り。

香水のテーマが一番表現されている部分だと言われており、香料の組み合わせ方によって幅広い種類の香りを演出することができます。

ラストノート

持続性のある動物性香料やウッディ系が多く使われているのがラストノート。物によっては24時間以上も香りが続きますが、一般的には2~3時間後の香りのことです。

また、ラストノートはいわゆる残り香と言われる香りで、ボトムノート、ラスティングノート、ベースノートなど様々な呼び名があります。ムスクなどの動物性香料以外にも、バニラなどスパイシー系のものも使われています。

人に会う30分前につけるのがベスト

人に会う30分前につけるのがベスト

香りは時間によって変化していくので、一番好きな香りに変化する頃に人に会うようにすると効果的に香水の力を発揮できます。

香水を付ける最適な時間は香水の種類などによって変わりますが、香水を出かける直前に付けるのはおすすめできません。香りが程よく体になじむまでに時間がかかるので、人に会う30分前くらいに付けるのがベストです。

男性におすすめの香水3選

男性におすすめの香水3選

どういった香水を選べばいいのか分からない…という方のために、これから男性におすすめの香水を紹介します。

香水は香りのタイプだけでなく、あなたがなりたいと思っている男性のイメージが表現できる香水を選ぶことが重要。

香りからどういったイメージを感じさせるのかまで考えて香水選びをしてください。シーンによって香水を使い分けるのもおすすめです。

1.カルバンクライン シーケーワン:20代におすすめ

カルバンクライン シーケーワン

カルバンクライン シーケーワンはユニセックスな香りで、男性だけでなく女性にも愛用者が多い香水です。クリーンでピュアな香りなので、20代の方にぴったり。

トップノートはパパイヤやベルガモットのフルーティで瑞々しいイメージ、ミドルノートで清々しいフローラル系に変化し、ラストでは色っぽさがプラス、と変化が大きい香水です。飽きがこない香りとしても人気で、1994年の発売からロングセラーを続けています。

2.イソップ タシット オードパルファム:30代におすすめ

イソップ タシット オードパルファム

30代の男性に使ってほしいのは、イソップ タシット オードパルファム。グリーン系の爽やかさのある香りなので、ビジネスシーンで使うこともできます。癖のない香りで万人受けすると評判になっており、香水初心者の方でも使いやすいのがメリット。

香りの持続時間が長く、朝付けてから夕方まで香りが残るので、長時間のお出かけにも向いています。柚子の香りから始まり、バジルのスパイシーな香りがプラスされるという個性が光る組み合わせ。爽やかさの中に色気を感じさせる香水です。

3.ブルガリ ブルー プールオム:40代におすすめ

ブルガリ ブルー プールオム

セクシーだけどほっとさせてくれる安心感があると女性からの人気が高いのが、ブルガリ ブルー プールオム。深みのある香りなので、渋い男らしさがでてきた40代の男性に最適。

トップノートはジンジャーとカルダモンでクールな印象。徐々にタバコフラワーの香りが混じり込み、ラストノートはサンダルウッドで落ち着き感を醸し出します。

甘さ控えめな香りが男らしいと評判で、一般的なフローラル系の香りが苦手な人でも使うことができるでしょう。「予期せぬコントラスト」がテーマになっているので、意外性のある香りがミックスされているのが特徴です。

香水をつける時の注意点

香水をつける時の注意点

香水は体に付けてから匂いが変化します。これは、体の皮脂などと香り成分が交じり合うからです。香水の良さを最大限に発揮するためには、体のケアもしっかりと行っておくことが大切。

また、香水は自分だけでなく周囲への影響が大きいおしゃれアイテム。周りに迷惑にならないよう配慮する必要があります。これからあげる注意点をよく守って、香水を上手に使えるようになってくださいね。

清潔な体に使うこと

清潔な体に使うこと

香水を使う時には、体を清潔にしておくのが基本。皮膚表面に汚れが付着していたり、皮脂が過剰に出ている状態だと、香り成分と混じって異臭を発してしまいます。

香水の香りは清潔な体に付けた時のことを想定して作られているので、汚れた皮膚に付けると本来の香りとは違った匂いになる可能性があるのです。不快な匂いになってしまわないよう、体をキレイにしてから香水を付けましょう。

【参考】おすすめのメンズボディーソープ一覧

メンズ用ボディソープ おすすめランキング
2019年おすすめのメンズボディソープ!乾燥肌・体臭対策をしてキレイな体を手に入れよう

汗のケアも気を抜かないこと

汗のケアも気を抜かないこと

香水を付ける時は、付けた後のこともしっかりと考えておかなくてはいけません。香水が付いている部位に汗をかくと、汗の成分と混じって香りが変化するということを覚えておいてください。

また、汗は皮膚表面の雑菌と交じり合って独特の匂いを発生させますが、それが香水の匂いの邪魔をすることがあります。

体から発せられる汗の匂いと香水の香りが交じり合うと、キツイ匂いになって周囲に迷惑をかけてしまう恐れも…。匂いが発生しないよう汗を早めに拭くなどの対応が必要です。

【参考】メンズ制汗剤12選を厳選紹介

制汗剤 メンズ
おすすめのメンズ制汗剤・デオドラント12選!夏の男臭さを消す効果的な使い方も紹介

マナーを守ること

マナーを守ること

香りのおしゃれはマナーを守ることが一番大事!どれだけ良い香りだったとしても、香水を付けてはいけない場所があります。レストラン、病院、葬儀、妊婦の前は一般的にタブーとされているので注意してください。

それ以外にも、食事時に強い香りは厳禁。多くの人が集まる場所では、強い香りが苦手な人もいるので、迷惑にならないよう十分に配慮しましょう。

香水より簡単なボディクリームもおすすめ

香水より簡単なボディクリームもおすすめ

香水の扱いに不安を感じる人は、香水よりも簡単なボディクリームを使ってみてください。ボディクリームなら全身からほのかな香りを立たせることが可能です。それに、香水のようにつけすぎて、香りが強くなりすぎる心配もありません。

ボディクリームの良さは、使い方が簡単なところ。香水のように特別なテクニックが必要ないので、気軽にチャレンジできます。

【参考】メンズボディクリームのおすすめランキング

メンズボディクリームのおすすめランキング2019!保湿+香りでモテる男の美ボディ作りを

まとめ:香水の付け方を覚えてモテ男になろう

香水を使うのは上級テクニックだと思って手を出さずにいた男性が多いかもしれません。確かに、香水を使いこなすためには、一定レベル以上の技術が必要です。でも、香りで男性を好きになる女性が多いということをしっかりと覚えておいてください。

香りを武器にして女性を虜にすることができるんですよ。香水を使うだけでモテ男になれるのなら、使わないともったいないですよね。今回紹介した内容を参考にして、ぜひ香水の使い方を練習してみてください。香水の付け方をマスターすれば、あなたもモテ男の仲間入りです。

参考リンク:

モテる男は頭皮のケアも怠らない…普段シャンプーを何気なく選んでいる方は以下の記事も参考にどうぞ。

アミノ酸シャンプーに関するQ&A
良い匂いのメンズ用シャンプーおすすめ10選!モテる男は知っている、女性ウケ抜群の匂いになる方法
ABOUT ME
YUKI
YUKI
男性向けメディア「DanLead」の恋愛コラムを担当する32歳。恋愛経験豊富なアラサー丸の内OLが毒舌で男の恋愛を語ります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です