シェービング

カミソリの捨て方と捨てるタイミング!古くなったカミソリを使う危険性も解説

カミソリの捨て方 捨てるタイミング

カミソリをごみ箱にポイ捨てしていませんか?

カミソリは捨て方を誤るとルール違反になるばかりでなく、大変危険です。ごみの分類は自治体によって異なりますが、カミソリの捨て方にはある程度のマナーがあります。

また、使い捨てのものから替え刃を交換して使うものなど様々な種類があるカミソリですが、頻繁に交換するとなるとその費用もばかになりません。

そこで今回は、カミソリの捨て方と捨てるタイミング、長持ちさせるコツについて解説します。古いカミソリを使い続けていると、費用がかさむばかりでなく肌を傷つける原因にもなりますので、ぜひ参考にしてみてください。

カミソリの捨て方

カミソリパーツ 分類
カミソリ本体(プラスチック) プラスチック
カミソリ本体(プラスチック+金属) 不燃ゴミ
替え刃 不燃ゴミ
電気シェーバー 不燃ゴミ
両刃カミソリ 金属類

カミソリ本体の捨て方

カミソリは、本体と一体になっているものと、替え刃を取り外せるものとがあります。替え刃が取り外せるものについては、替え刃を取り外してから捨てるようにしましょう。

T字カミソリの場合は替え刃を取り外せるものが多く、持ち手がプラスチックでできているものがほとんどです。プラスチックでできているカミソリ本体であれば、自治体の分別基準に従って「不燃ごみ」、または「プラスチックの日」にごみとして捨てましょう。

また、両刃カミソリは本体と一体になっているものがほとんどなので、両刃カミソリは一体型のものと同じ捨て方をしましょう。

替え刃の捨て方

カミソリの替え刃はお住まいの地域や自治体によって分別の仕方が異なりますが、一般的には不燃ごみの扱いになります。

カミソリの替え刃を捨てるときは、まず新聞紙や包装紙など厚めの紙で包んでから捨てましょう。新聞紙などで包んだあとは、セロハンテープやガムテープでしっかりと固定します。その上から「キケン」または「刃物」などと書いておくとより親切です。文字を書くときには太めのサインペンを使って、できれば赤字で文字を書きましょう。

カミソリの替え刃にもいろいろな種類があり、1枚だけ刃がついているのものから5枚刃のもののほか、両刃になっているものもあります。基本的な捨て方はどの替え刃も同じですが、両刃になっているカミソリの替え刃は金物扱いになる場合もありますので、お住まいの地域の市役所や自治体で、いつ捨てたらよいか確認しましょう。

電気シェーバーの捨て方

カミソリではなく電気シェーバーを使っている人も多いでしょう。電気シェーバーをごみとして捨てるときには、一般的に不燃ごみの扱いになります。

ただし、電気シェーバーは小型の電化製品になりますので、購入した時に電気シェーバーが入っていた箱、または説明書をみて、「小型家電リサイクル法指定」という記載があった場合には、「小型家電リサイクル法」に則り、資源として再利用されなければいけません。とはいえ、すべての電気シェーバーがこれに当てはまるわけではありません。

リサイクルが必要な電気シェーバーの場合は、電気シェーバーをお店で買い替えるときに、そのお店の人に処分をお願いすることができます。お店の人にお願いしないのであれば、大型の電器店に行けば回収ボックスが設置されていますので、その中に入れておけばお店の人が適切に処分してくれます。

【記事後半】カミソリを長持ちさせるコツ!通常より5倍長持ちすることも!?

カミソリを捨てるタイミング

カミソリを捨てるタイミング

使い捨てのカミソリを使用している人の場合でも、1回使っただけでごみに捨てるという人はあまりいませんよね。たいていは 1週間から2週間程度使用してから捨てるのが一般的です。

ですが、剃り味の悪くなったカミソリを使用していると肌を傷つけてしまったり、きれいに髭やムダ毛を処理することができなくなったりします。少しでも切れ味が悪くなったと感じたらすぐに買い替えましょう。

電気シェーバーの場合は、寿命が1年から2年とされています。使い方によっては、通常の寿命より長く使用し続けることもできますが、髭が濃い人の場合や間違った扱い方をしていると、充電できなくなったり動かなくなってしまったりと不具合が起こりやすくなり、1年以下で使用できなくなることもあります。

替え刃を取り換えても剃り味が変わらないなど、以前に比べパワーが落ちてきたなと感じたら、新しいものに買い替える必要があるでしょう。

【参考】カミソリ負けに効果的な市販薬を紹介!

カミソリ負け 薬
カミソリ負けに効く薬!肌の炎症を抑えて剃刀負けとおさらばしよう

カミソリを長持ちさせる3つのコツ

カミソリを長持ちさせる3つのコツ

頻繁にカミソリを使う人や使い捨てのカミソリを使っている人でも、正しい扱い方をして適切に保管すれば寿命を長くすることができます。

いくら安価な使い捨てのカミソリでも、頻繁に買い替えるとなると費用がかさんでしまいます。そこで、費用を抑えるためにも正しいカミソリの交換方法や、取り扱いについて覚えておきましょう。

カミソリを長持ちさせるコツについて3つの方法を紹介しますので、ぜひ今後の参考にしてみてください。

コツ①使用後は洗い流して乾燥させる

カミソリの刃を長持ちさせるには、錆びつかせないことと酸化を防ぐことが大切です。これだけでもカミソリの寿命を伸ばすことができます。

では、カミソリの替え刃を錆びつかせず、酸化を防ぐためには、具体的にどんなことをすればよいのでしょうか?

カミソリの替え刃は水が付いたまま放っておくと、それだけ劣化を早めてしまいます。また、カミソリを使用した後はカミソリの刃に顔の皮脂が付いたままになっています。これをそのまま放っておくと、水が付いたところが錆びついたり、皮脂が付いたところが酸化したりして刃こぼれの原因になってしまいます。

そのため、カミソリを使用した後は、すぐに汚れを洗い落とす必要があります。カミソリを洗うときは正面からだけではなく、カミソリの刃を裏返して、シャワーの水圧で裏側からもしっかりと汚れを落としましょう。

ここで注意しておきたいポイントは、その後の保管方法についてです。汚れを落としたらカミソリをよく振って水滴を落とし、なるべく風通しの良い場所に保管しておきましょう。

ついでにクリーナーを使用すれば、通常の5倍近く長持ちすることも。新品の切れ味が続くので、気持ちよく深剃りしたい方にはおすすめです!

コツ②お風呂場に置きっぱなしにしない

カミソリの刃に湿気は大敵です。風呂場は湿気の多い場所の一つですので、カミソリを使用した後に風呂場に放置しておくと刃が錆付きやすく、刃こぼれしやすくなります。

どうしても置き場所がないというのであれば、風呂場をよく換気しておくか、風呂からあがる際に壁や床に冷水をかけておき、湯気が出るのを防ぎましょう。

コツ③水気をきろうとタオルでこすらない

汚れをしっかりと洗い流すとカミソリを長持ちさせることができますが、カミソリを洗った後は十分に水気をとる必要があります。ただし、水気を取るためにタオルを使うのはNGです

カミソリの替え刃には、滑りを良くするためのコーティング剤がつけられていますが、これを布やタオルでこすってしまうとコーティング剤がはがれ落ちてしまいます。コーティング剤がはがれ落ちた状態で使用すると、刃が欠けやすくなり、肌を傷つけてしまいます。

また、タオルにカミソリの刃を押し付けるとカミソリの角度が変わり、剃り味が悪くなることもあります。カミソリは、ドライヤーを使って乾燥させるなどして、なるべくカミソリの替え刃に刺激を与えないようにしましょう。

そのほか、タオルを使って水気を拭き取ると、カミソリの刃の間にタオルの繊維が入り込んでしまいます。刃の間に入りこんだタオルの繊維はもう一度タオルを使ってカミソリの刃をこすりつけるか、石鹸や洗剤を使って洗い流すしかありません。ですが、このような対処方法はカミソリの刃が欠けてしまう原因になってしまいます。カミソリを洗い流した後は、なるべく自然乾燥を心がけましょう。

使い捨てカミソリおすすめランキング
使い捨てカミソリおすすめランキング!選び方やカミソリの寿命を延ばす方法を紹介

剃り味の悪いカミソリを使う3つのデメリット

剃り味の悪いカミソリを使う3つのデメリット

刃こぼれしたカミソリをそのまま使い続けたり、剃り味が悪くなったカミソリを使い続けたりしていると、様々なデメリットがあります。

そこで次に、剃り味の悪いカミソリを使うことのデメリットにはどんなことがあるかについてお話しします。

吹き出物が出ていつまでも治らないという人や、最近顔の皮膚が黒ずむなど、顔の肌トラブルが増えたと感じる人は、実は剃り味の悪いカミソリを使い続けていることが原因になっている可能性があります。

デメリット①カミソリ負けしやすい

カミソリ負けはどうして起こるのか、その原因をご存知でしょうか。

「肌が乾燥している」「逆剃りをしている」など様々な原因がありますが、中でも特に大きな原因なのが「カミソリの刃こぼれ」です。

使用したカミソリの刃には目に見えなくても小さな傷がたくさん付いています。刃こぼれをしたカミソリを皮膚にあてると、キレイに剃れないだけでなく皮膚を傷つけてしまい、それがカミソリ負けの原因となります。

カミソリ負けを起こすと、皮膚表面に赤みが出て肌がひりひりと痛むことがあります。このような症状が出ている場合は、肌がカミソリ負けをおこしている証拠です。肌のひりひりが重症化するとかさぶたができたり、ぶつぶつと湿疹になったりすることがあり、症状が治まっても色素沈着を起こし、肌が黒ずんでしまうことがあります。

これを防ぐには、新しいカミソリを使うことのほか、シェービングクリームを使うなど、カミソリの滑りをよくするとカミソリ負けを防ぐことができます。髭やムダ毛を処理した後は、ローションやクリームでしっかりと保湿しましょう。

カミソリ負け
カミソリ負けの原因と治し方!髭剃りで赤いブツブツを作らないための秘訣

デメリット②雑菌による炎症がおこる

カミソリを使うと皮膚の表面が少なからず削り取られ、皮膚を守るために必要な皮脂や角質が剥がれ落ちるため、外的刺激から皮膚を守るためのバリア機能が失われてしまいます。

古いカミソリには雑菌がついていることが多く、傷ついた皮膚からバイ菌や雑菌が入り込み易くなり、炎症を起す原因になります。

雑菌による炎症を防ぐには、古くなった替え刃はなるべく早く交換することと、皮膚を雑菌から守るためにしっかりと保湿することが大事です。皮膚の炎症がひどい場合やなかなか治らない場合はそのまま放置せず、すぐに皮膚科の専門医に相談するといいでしょう。

デメリット③切れ味が悪く深剃りがしにくい

カミソリは新しいものを使わないと、切れ味が悪くなって深剃りがしにくくなります。朝にきちんと髭剃りをしても、夕方にはすぐに髭が生えてきて青髭になってしまうという男性は、カミソリに原因があるかもしれません。

また、カミソリの本体にも寿命がありますので、使い心地が悪いと感じたらすぐに新しいものと取り換えるようにしましょう。カミソリ本体はそれほど劣化することがなく、古くなったものでも十分使える気がしてしまいますが、できれば半年から1年を目安に交換して下さい

なぜかというと、替え刃を交換するうちに本体も劣化が進んでいるからです。何度も替え刃を交換していると、歪みがでて刃をしっかりとはめ込むことができなくなります。そして、歪んだカミソリでは肌に密着して髭をきれいに剃ることができなくなってしまうのです。

最近キレイに髭が剃れなくなった、または夕方頃には髭が生えてきてしまうという人は、すぐに新しいものと交換するようにしましょう。

まとめ:カミソリは正しく捨てよう!

今回は、カミソリを捨てるタイミングとカミソリの捨て方、古いカミソリをそのまま使い続けることのデメリットについてお話しさせていただきました。

「まだ使えるのにもったいない」と思う気持ちもわかりますが、古いカミソリはしっかりと深剃りすることができなくなり、剃り残しがあると「だらしない人」という印象を与えてしまいます。

また、直接肌に触れて使用するものですので、安全に清潔さを保ちながら使い続けるためにも、古くなったカミソリは早めに新しいものに取り換えるよう心がけましょう。

「自分は髭が濃い」、「しっかり剃ってもすぐに髭が生えてきてしまう」という人は、古いカミソリを使っていることが原因になっているかもしれません。カミソリを捨てるタイミングや寿命を知れば、案外簡単にお悩みが解決してしまうかもしれませんね。

参考リンク:

カミソリもいいけど、やっぱり電気シェーバーを使いたい…そんな方は下記記事をご覧ください。お肌への負担が少なく、2年前後使える電気シェーバーを特集しているので、あなたにぴったりの電気シェーバーがきっと見つかりますよ。

電気シェーバー おすすめランキング
メンズ用電気シェーバーのおすすめランキング2019!低価格で深剃りできるコスパの良い電気シェーバーも紹介!
ABOUT ME
ヒゲリーマン
ヒゲリーマン
ヒゲのことならお任せを。中学生からヒゲの濃さに悩まされ、10を超えるクリニック&サロンに通ったヒゲリーマン。ヒゲ脱毛やおしゃれヒゲの作り方を解説しているぞ。ヒゲリーマンの記事一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です