メンズビューティー

男性でも化粧は当たり前に?本気でモテたい人のためのメンズメイク術を解説します

男性でも化粧は当たり前に?本気でモテたい人のためのメンズメイク術を解説します

おしゃれな男性の間では常識になりつつあるのが、「メンズメイク」

眉毛を整えてファンデーションを塗るだけで洗練された雰囲気の顔になることができます。本音をいえば、少しでもイケメンになって女性にモテたいですよね。

とはいっても、必要なメイク道具や方法が全く分からないというメンズが多いのも事実。そこでこの記事では、メンズメイクの基礎や必要なメイク道具まで詳しく説明していきます。

ファンデーションを上手く使えば、ニキビ跡や青髭などのコンプレックスを隠すこともできるので、気になる方はぜひ参考にしてくださいね。

メイクをする男性はどんな時にしてる?

メイクをする男性はどんな時にしてる?

男性でもメイクする人が増えてきているとはいえ、毎日メイクして出社や登校する人はまだ少数派。男性の場合は特別な時にメイクする人が多いです。

記念写真を撮る時

記念写真を撮る時

メイクの良さが一番発揮されるのが、写真と言っても過言ではありません。ファンデーションを塗ることで肌がキレイに写り、眉メイクすることで顔立ちがキリッとします。

女性では、メイクをしていない時は写真を撮らせないという人もいるほど。メイク前と後ではその違いが歴然とするのです。

記念写真に限らずプロフィール写真や、証明写真を撮る時にナチュラルメイクするという男性も多くなっています。

結婚式などで着飾る時

結婚式などで着飾る時

まず、自分が新郎の場合にはプロのヘアメイクさんに、メイクしてもらうことができます。披露宴は人生で一番の晴れ舞台といっても過言ではありません。

メイクとは言っても、ファンデーション・眉・リップくらいなので、ナチュラルに仕上がり、清潔感がアップして洗練された印象に。

また、祝う側のゲストとして出席する場合にメイクする男性もいます。ただ、結婚式の主役は新郎新婦なので、控えめなメイクをするようにしましょう。

結婚式でゲストとして呼ばれるより、自分がメインの新郎として出たい男性がほとんだと思います。

結婚式は出会いの場としても活用できるので、出会いを求めている男性は以下を参考に結婚相手を探してみてはいかがでしょうか?

出会い 場所
出会いの場所を徹底調査。大人のオトコとオンナが出会う17個の場所

就職活動で企業に訪問する時

就職活動で企業に訪問する時

就職活動での企業訪問や面接の際にメイクする男性もいます。この場合はメイクしていることがバレないようなナチュラルメイクにするのがおすすめ。

というのも、「男が化粧してチャラチャラしてる」と感じる企業側の人間も多いからです。

ただし、肌荒れやニキビ跡を上手にメイクで隠すことができれば、清潔感がアップして好印象になるのも事実。アパレル関係やデザイン関係の企業であれば、男性のメイクに肯定的な場合もあるので、企業の体質や雰囲気を見極めることも重要です。

就職活動用の履歴書写真を撮る時

就職活動用の履歴書写真を撮る時

おすすめなのは、履歴書写真を撮る際にメイクすることです。ファンデーションで肌を整えて眉メイクするだけで、清潔感がかなりアップします。

清潔感がアップするということは、好感度アップに繋がるのです。就活では、履歴書よりも面接が重要と思っている人も多いのですが、履歴書の写真で好印象を与えておけば、その後の面接がプラスからスタートするのです。

デートや合コンなどの勝負時

デートや合コンなどの勝負時

デートや合コンの時には、気合を入れてメイクするという男性もいます。「少しでも自分をイケメンに見せたい」という思いからですね。

ただし、女性によっては男性のメイクを「キモイ」と感じる場合があるので注意が必要です。

合コンにメイクしていく場合には、ごく控えめにコンシーラーやファンデーションで肌荒れを隠し、眉を整える程度にしましょう。

デートの場合は、ある程度彼女の好みや雰囲気が分かっているので、彼女に合わせてメイクするかしないかの判断をしましょう。

合コン時の靴下の柄には要注意!
合コンで失敗してしまう残念な男の特徴!7つのエピソードからイケてない男性を徹底分析

メンズメイクは武器になるが、TPOをわきまえよう

メンズメイクは武器になるが、TPOをわきまえよう

女性のメイクでもあまりに不自然で濃すぎるメイクは相手に不快感を与えてしまうことがあります。それは、男性のメイクでも同様です。

ただ、周囲の人に気づかれない程度のメイクであれば、自分のコンプレックスを上手くカバーすることができるのです。

たとえば、ニキビ跡や青髭が目立ってしまい、不潔な印象を与えてしまう・・・、そんな不安を抱いているのであれば、ファンデーションで隠してしまえばいいのです。

適切なメンズメイク術を身に着けて、イケてる見た目を作り上げましょう!

メンズメイクに必要な7つ道具

メンズメイクに必要な7つ道具

それでは、メンズメイクに必要な必要な7つの道具を紹介します。「7つも必要なの⁉」と感じる方もいるかもしれませんが、ナチュラルメイクをするには必要最低限の道具ともいえるので、メイクを始める方は全て揃えておくと安心です。

メンズメイク道具①化粧下地

メンズメイク道具①化粧下地

化粧下地は、ファンデーションを塗る前のベースづくりに欠かせません。化粧下地を塗ることで、ファンデーションのノリが良くなり化粧崩れしにくくなります。

化粧下地機能を兼ね備えた日焼け止めクリームなどもあります。

メンズメイク道具②ファンデーション

メンズメイク道具②ファンデーション

肌をキレイに見せるために使用するのがファンデーションです。ファンデーションのタイプは主にパウダータイプとリキッドタイプの2種類になります。

リキッドファンデーション

リキッドファンデーションは、乳液の様なトロッとした液状になっており、適量をスポンジや指先で伸ばして使います。

パウダーファンデーションに比べて肌なじみが良く、自然な仕上がりになるのですが、外出先では使いにくいという一面も。

パウダーファンデーション

パウダーファンデーションはパウダー状のファンデーションがプレスされたものです。一般的にコンパクトケースに収まっているのがパウダーファンデーションです。

リキッドファンデーションに比べて初心者でも使いやすく、薄付きなのが特徴です。持ち運びしやすく、外出先でのメイク直しにも便利なので、朝はリキッドファンデーションでメイクして外出先のメイク直しにはパウダーファンデーション。といったふうに使い分けることができます。

メンズメイク道具③コンシーラー

メンズメイク道具③コンシーラー

コンシーラーはニキビや毛穴など、肌の色むらを隠すために使います。ペンシルタイプ、チューブタイプ、パレットタイプなど形状はさまざまです。

メンズコンシーラー おすすめ
男性におすすめのメンズコンシーラー10選!コンシーラーの選び方と使用方法を紹介

メンズメイク道具④眉毛用カミソリ・ハサミ

眉毛用カミソリ・ハサミ

メイクをする場合、事前に眉毛の形を整えておくことも欠かせません。「眉毛は顔の額縁」と例えられるほど、顔の印象を大きく左右するからです。

眉毛を整えるために必要なのが、眉毛用の刃先がカーブしたハサミとムダ毛を処理するカミソリやシェーバーです。

ムダ毛は毛抜きで抜くという方法がありますが、まぶたは皮膚が薄いので痛みが強く、毛穴が炎症を起こす可能性もありおすすめできません。

おすすめなのが、フェイス用の電気シェーバーです。肌を傷つける危険がなく、まぶたのムダ毛もキレイに処理することができます。

眉毛シェーバー おすすめ
眉毛シェーバー(カッター)のおすすめランキング!細部にこだわるイイ男になろう

メンズメイク道具⑤アイブロウペンシル

アイブロウペンシルは、眉毛を描き足すのに使用します。アイラインを描くアイライナーとは異なりますので、購入の際には注意しましょう。

アイブロウペンシルは主にパウダータイプ、ペンシルタイプの2つが主流となっています。パウダータイプの方が仕上がりは自然ですが、ペンシルタイプの方が細かい部分を描きやすくなっています。

おすすめの眉マスカラ
メンズにおすすめの眉マスカラとメイク方法を紹介!眉毛の白髪に悩む男性にもおすすめ

メンズメイク道具⑥リップクリーム

リップクリーム

リップクリームには無色と色付きがありますが、男性には無色がおすすめです。というのも、色付きリップの多くは発色が鮮やかなので、唇だけが目立ってしまう恐れがあります。

唇に色がついていると、メイクしている感が一気に出てしまうので注意しましょう。色付きリップが似合う男性は、中性的な顔立ちの男性に限ります。

特に顔立ちが濃い人や、骨格がしっかりしている人は無色のリップで唇を保湿する程度に抑えるのがポイントです。

メンズにおすすめのリップクリーム5選!カサカサ唇の非モテ男子から色気あるモテ男に変わろう

メンズメイク道具⑦クレンジング剤

クレンジング剤

メイクをした日には必ずクレンジング剤を使って洗顔し、メイクを落とす必要があります。クレンジングが不十分だと、化粧品による毛穴づまりが原因でニキビや肌荒れを起こしてしまいます。

クレンジング剤の種類は、拭き取りシート、オイル、ジェル、クリーム、ミルクなどがあるので、メイクの濃さや肌の状態に合わせて選ぶ必要があります。

おすすめのメンズ用洗顔料ランキング2019!洗顔選びよりも大切な「正しい洗顔方法」も解説
メンズ洗顔料のおすすめランキング2019!洗顔料選びよりも大切な「正しい洗顔方法」も解説

メンズメイクの基本的な3ステップ

メンズメイクの基本的な3ステップ

メンズメイクの基本的な流れは下記の3ステップ。

  • メイク前に肌をきれいにする
  • ファンデーションで肌を整える
  • 眉毛を整える

まずは、各ステップについて簡単に解説し、詳しい説明は後の項目で紹介していきます。

メンズメイクのステップ1.メイク前に肌をきれいにする

メンズメイクのステップ1.メイク前に肌を整える

メイクを始める前に、洗顔→化粧水→乳液で肌を整えます。この段階で肌を清潔にし保湿することで、ファンデーションのノリが良くなり、化粧崩れも最小限に抑えることができます。

乳液を塗った後は、数分時間をおき乳液が肌に馴染んでからメイクを始めます。乳液が肌に残っている状態でメイクを始めてしまうと、ファンデーションがキレイに馴染まず失敗の原因となります。

メンズ用乳液のおすすめランキング2019!正しい乳液選びで乾燥肌・テカリ肌にもう悩まない
メンズ乳液のおすすめランキング2019!正しい乳液選びで乾燥肌・テカリ肌にもう悩まない

メンズメイクのステップ2.ファンデーションで肌を整える

メンズメイクのステップ2.ファンデーションで肌を整える

肌が整ったら、下地を塗りファンデーションを塗っていきます。

男性の皆さんは、ファンデーションを塗って肌を作ることに馴染みがなく、難易度が高いと感じてしまうと思います。

難易度が高いかもしれませんが、後ほど細かく説明していくので、まずは手順を見ながらメイクの練習をしてみてください。

メンズコンシーラー おすすめ
男性におすすめのメンズコンシーラー10選!コンシーラーの選び方と使用方法を紹介

メンズメイクのステップ3.眉毛を整える

メンズメイクのステップ3.眉毛を整える

ファンデーションで肌を作ったら、眉メイクです。ここで注意してほしいのが、眉カットはメイク前に済ませておくことです。

ファンデーションを塗ってから眉毛をカットすると、肌に眉毛が付着してしまいます。さらにファンデーションを塗ってからムダ毛を剃ると、その部分のファンデーションが剝げてしまうからです。

ファンデーションの後の眉メイクは不足部分をアイブロウペンシルで描き足すのみです。

男性はメイク前にシェービングとスキンケアで下準備

男性はメイク前にシェービングとスキンケアで下準備

メイク前の下準備で仕上がりに大きな差が出るので、スキンケアとシェービングはいつも以上に念入りに行いましょう。

顔のシェービング

顔のシェービング

女性の場合でも顔に産毛があるとファンデーションが浮いてしまい、肌なじみが悪くなってしまいます。

男性の場合は、太く硬い髭が生えているので、しっかりと深剃りしましょう。また、頬や額に生えている産毛も顔用のシェーバーなどできれいにシェービングしておきます。

シェービングが不十分だと、ファンデーションのノリが悪いだけではなく、青髭が強調されてしまい不格好になってしまいます。

いっそのこと髭の永久脱毛という選択肢もあります。髭がなくなると、ファンデーションの密着度が大幅にアップします。

シェービングクリーム
男性におすすめのシェービングクリーム9選!カミソリ負けに悩む方に向けて正しい髭剃りの方法まで解説

化粧水と乳液で保湿・保護

化粧水と乳液で保湿・保護

先にも説明しましたが、洗顔とシェービングの後には化粧水と乳液で保湿・保護します。しっかりと肌に潤いを与えることで、ファンデーションのノリが良くなり、皮脂による化粧崩れを最小限に抑えることができます。

逆をいえば、肌が乾燥している状態だとファンデーションが肌に馴染まず粉を吹いたような状態になってしまうことも。そして、時間の経過とともにTゾーンがテカッてしまいファンデーションがはげ落ちる事態になってしまいます。

メンズ化粧水おすすめランキング2019!化粧水の選び方や正しいスキンケア方法まで解説
メンズ化粧水おすすめランキング2019!化粧水の選び方や正しいスキンケア方法まで解説

男性のファンデーションの使い方

男性のファンデーションの使い方

それでは、ファンデーションの使い方を詳しく説明していきます。ファンデーションをただ均一に塗るだけでは不自然な肌になってしまうので、下地やコンシーラーも上手く活用していきましょう。

ファンデーションの前に化粧下地を塗る

ファンデーションの前に化粧下地を塗る

肌を整えたら、化粧下地を塗ります。まずは手の甲に5円玉くらいの大きさで下地を出して、額・鼻・あごに一か所ずつ、左右の頬に各2か所下地を指先で載せます。

それをスポンジや指先で薄くむらができないように伸ばします。小鼻のわき、目や唇まわりは塗り忘れしやすいので特に注意しましょう。

指先に残った下地はあごの下、耳の下から首筋まで伸ばします。こうすることで、顔と首の色に差ができるのを防ぐことができます。

下地を多く塗り過ぎてムラができてしまった時は、ティッシュペーパーなどで押さえてオフします。

気になる部分はコンシーラーで隠す

気になる部分はコンシーラーで隠す

小鼻わきの赤みやニキビ跡、目の下のクマなど気になる部分にコンシーラーをポンポンとのせて指先で馴染ませます。

ここで注意したいのが、髭をコンシーラーで無理に隠そうとしないことです。どんなに深剃りしても、メイクで髭を完全に隠すことはできません。

無理に隠そうとしてコンシーラーやファンデーションを厚塗りすると、その意図が完璧にバレてしまいます。「髭を隠そうとして厚塗りしている。けどバレバレ」と女性に思われてしまう事態は避けたいですよね。

メイク直後は隠せていたとしても、髭は伸びてきますので時間の経過とともに悲惨なことになってしまいます。なので、髭部分も他の部位と同じ程度にコンシーラーを馴染ませるようにしましょう。

ファンデーションを塗る

ファンデーションを塗る

ファンデーションですが、リキッドタイプは指で塗る方法とスポンジを使う方法がありますが、自分のやりやすい方法を選んで大丈夫です。

  1. リキッド、パウダーともに適量をスポンジ(または指先)にとり、頬の内側から外に向か
    って伸ばします
  2. 次に頬の内側とスポンジに残ったファンデーションを鼻すじに向かって伸ばし、小鼻はトントンと叩き込むように塗ります。鼻は皮脂分泌が多くファンデーションがよれやすいので、薄く塗るにとどめます
  3. スポンジや指先に残ったファンデーションで目や唇周りを塗ります
  4. 額、あごにはファンデーションを少量足して、内側から外側に向かって塗ります。フェイスラインでファンデーションを止めてしまうと、首と顔の色に差ができてしまうので、首までスポンジを滑らせて自然な感じで色が馴染むようにフェードアウトします

コンシーラーとファンデーションは色選びが大事

コンシーラーとファンデーションは色選びが大事

コンシーラー、ファンデーションともに最も重要なのが色の選び方です。自分の肌に合う色を見つけるまでは、店頭のサンプルで確認することをおすすめします。

コンシーラーの色選び

コンシーラーの色の選び方は、隠したい部分の色によって変わってきます。赤みが強いニキビを隠したい場合にはグリーン系、目の下のクマにはオレンジやイエロー系などの明るい色です。

青髭を隠したいのであれば、肌よりもワントーン暗い色を選べばコンシーラーが白浮きせずにすみます。

コンシーラーの色選びを間違えると、その部分が逆に目立ってしまうこともあるので注意しましょう。

ファンデーションの色選び

ファンデーションを選ぶ際は、首に近いフェイスラインの肌色で選びます。目安としてはあごと耳の中間地点です。

この部分に一番近い色、そして首の色と大きな差ができない色のファンデーションを選びます。

男性の眉毛メイクの手順

男性の眉毛メイクの手順

眉毛は顔の印象に大きく影響します。自分の骨格に合わせて無理のない範囲で形を整えるのがポイントです。

眉毛の形を整える

眉毛の形を整える

まずは、鏡で自分の顔全体を確認します。眉毛部分だけに集中してしまうと不自然な形になってしまうことがあるので、整える際にも時々顔全体のバランスを確認するようにしましょう。

初めて眉毛を整える人は、眉毛全体をいじらずに上まぶたや額に伸びている眉毛を処理して、眉毛の輪郭をハッキリさせるだけでも清潔な印象になります。

電気シェーバーやカミソリでムダ毛を処理する際には、眉毛から外側に向かって剃ることで「眉毛を剃り過ぎた!」という失敗を防ぐことができます。眉毛下側は眉毛→まぶた、眉毛上側は眉毛→額の方向で剃ることになります。

ムダ毛を処理したら、眉毛ブラシをあててブラシからはみ出た長い眉毛をカットします。これで眉毛のモッサリ感が解消することができます。

慣れてくれば、眉毛ブラシをあてなくても適度な長さにカットすることができますよ。

アイブロウペンシルで描き足す

アイブロウペンシルで描き足す

眉毛が薄い人でも、眉毛の輪郭を整えることで薄い感じも軽減されるのですが、どうしてももの足りない人は、アイブロウペンシルで描き足してみましょう。

アイブロウペンシルには茶色系とグレー系の2種類がメインとなっています。自分の髪の毛の色に合わせて選ぶようにしましょう。

黒髪ならグレー系、茶髪なら茶色系で眉毛を描き足せば、眉毛だけが悪目立ちするのを防ぐことができます。

自然な眉毛にするためには、足りない眉毛を1本ずつ描き足すようにします。眉毛の輪郭を描いてから塗りつぶすと(芸人いもと風)、不自然になってしまうので注意しましょう。

1本ずつ描き足した後は、眉ブラシで軽くこすって眉毛と馴染ませます。

メイク後のクレンジング手順

メイク後のクレンジング手順

メイクをした日には、必ずクレンジング剤と普通洗顔のダブル洗顔をして肌トラブルを未然に防ぎましょう。

まずはメイクを落とすクレンジング剤

まずはメイクを落とすクレンジング剤

化粧下地やファンデーションは普通の洗顔で落としきることができません。日焼け止めクリームを顔に塗った場合も同様です。

メイク落とし=クレンジング、と考える必要があります。オイルタイプやジェルタイプのクレンジング剤の中には、手や顔が水で塗れていると使えない物もあります。またクレンジング剤は泡立てずにメイクに馴染ませるものが多いので、使用方法を事前に確認してから使うようにしましょう。

次に毛穴汚れを落とす洗顔

次に毛穴汚れを落とす洗顔

クレンジングでメイクを洗い流したら、次は洗顔料で皮脂などの汚れを落とします。一般的に女性の場合では、入浴前にクレンジングを済ませて、入浴時に洗顔する人が多くなっています。

ただし、最近では水にぬれても大丈夫なクレンジング剤なども販売されているので、入浴時にクレンジングと洗顔の両方ができる場合もあります。

さらに、ダブル洗顔不要の洗顔料も販売されています。メイク落としも洗顔も1本で済むというものです。メイクはしたいけど「ダブル洗顔面倒くせ~」という人には嬉しい商品ですね。

イケメンになるためにメイクしているのに、洗顔が不十分でニキビが多発・・・、なんてことにならないように気を付けましょう。

男がメイクするメリット

男がメイクするメリット

なぜ男がメイクするのか?そのメリットをご紹介します。

ニキビ跡や青髭などコンプレックスが隠せる

ニキビ跡や青髭などコンプレックスが隠せる

ニキビ跡や青髭にコンプレックスを感じている男性も多くいます。コンシーラーやファンデーションを上手く使えば、それらを目立たなくできるのがメイクの良い所です。

青髭で悩んでいる男性は、脱毛を考えるのも1つの手段でしょう。以下を参考に青髭の脱毛をお考えください。

青髭脱毛
青髭の男性こそヒゲ脱毛するべき3つの理由!青髭に効果のある脱毛方法とおすすめのクリニックを紹介

顔レベルがアップする

顔レベルがアップする

ファンデーションで肌を整え、眉メイクで眉毛をキリッとさせると、驚くほどに顔の印象が変わります。

特に写真映りの変化には劇的なものがあります。写真を撮るためだけにメイクするのであれば、多少ファンデーションを厚塗りしても、写真で見る限りはバレることはありません。

一度濃いめにメイクして自撮りしてみるのはいかがでしょうか。

自分に自信が持てる

自分に自信が持てる

メイクによって、それまで感じていたコンプレックスを隠すことができれば、自然と自信が持てるようになります。

ニキビや肌荒れが気になってうつむきがちだったのが、人の顔を見て会話できるようになったという人もいるほどです。

眉毛を整えただけ、ファンデーションを塗っただけで自分はこんなに変われるんだ、ということが分かれば、髪型や服装も変えてみよう、とポジティブ思考になることもできるのです。

男がメイクするデメリット

男がメイクするデメリット

男のメイクには、デメリット面もあります。特に、社会人の場合はメイクが自分の評価に与える影響も考えなければいけません。

人によっては男のメイクに拒否反応を示す

人によっては男のメイクに拒否反応を示す

若い世代やファッション業界では、男のメイクが珍しいものではなくなっていますが、上の世代の男性からは拒否反応を示されることが多くあります。

自分の父親で考えてみるとどうでしょうか?「メイクしてるの?肌もきれいに見えるし、いいね~。」と言ってくれる父親は、ほとんどいないのではないでしょうか。

会社の上司や取引相手にも同じことが言えます。多くの場合は「男のくせに化粧して。」と拒絶反応を示します。

一方で女性の反応は、二つに分かれます。「男もキレイなほうがいい派」と「男は男らしく派」です。

男は男らしくメイクなんてしないでほしい、ファンデーションだけでもキモイ、と拒絶される場合があります。ただ、男のメイク反対派の女性でも、眉毛くらいは整えてほしいと思っているのが大半です。

メイクに時間がかかる

メイクに時間がかかる

メイク前のスキンケアを合わせると、短くてもメイク時間には15分くらいかかってしまいます。慣れるまではそれ以上に時間がかかるので、メイクをする日は普段よりも早起きする必要があります。

メイクをして出かける予定がある場合は、事前にメイクの練習をしておくと安心です。当日にぶっつけ本番でメイクすると、予想以上に時間がかかったり、想像していた仕上がりと違うことも。

時間に余裕のある時に眉を整え、ファンデーションやコンシーラーを使う練習をしておきましょう。

メイク道具にお金がかかる

メイク道具にお金がかかる

メイク道具をそろえるにはある程度のお金がかかってしまいます。今では、百均でもひと通りのメイク道具を揃えることができるのですが、ファンデーションなどはやはり仕上がりに差が出てしまいます。

化粧下地、ファンデーション、コンシーラーは実際に使ってみなければ、自分の肌に合うかがわからない部分もあり、購入したはいいけど使えないという場合もあります。

化粧道具にいくらの予算を立てられるのか、事前に計算しておくといいですね。

メイクで肌が荒れる場合もある

メイクで肌が荒れる場合もある

クレンジングを正しくおこなっていても、化粧品自体が肌に合っていなければ吹き出物や肌荒れを起こしてしまうことがあります。

ファンデーションを塗るとかゆくなる、もしくは下地を塗った時点でかゆくなる、などの症状を感じた場合は、肌に合っていないことも考えられるので使用を中止しましょう。

https://danlead.jp/articles/82

クレンジング洗顔の必要がある

クレンジング洗顔の必要がある

メイクをするとクレンジングと洗顔のダブル洗顔が必要になります。はっきり言ってこれは面倒です。毎日メイクする女性でも、面倒に感じてしまいます。

そのような場合は、ダブル洗顔不要のクレンジング剤や拭き取りシートを活用すれば良いのですが、やはりクレンジングと洗顔とでダブル洗顔した方が、お肌にいいのが事実。

面倒だけど、ダブル洗顔してメイク汚れをオフする。その努力が清潔感のあるキレイな肌を作る秘訣ともいえます。

イケメンを目指すならメイク以外にも毎日のスキンケアが重要!

イケメンを目指すならメイク以外にも毎日のスキンケアが重要!

男性でも素肌がきれいだと、それだけで清潔な印象を与えて、好感度アップにつながります。

メイクで肌荒れを隠すのも手ですが、すっぴんの肌をキレイに保つこともイケメンに近づく方法です。

今一度日々のスキンケア方法を確認してみましょう。

正しく洗顔できている?

正しく洗顔できている?

洗顔の基本は、泡で汚れを洗い流すこと。間違っても手のひらでゴシゴシとこすってはいけません。

洗顔料を泡立てたら、20~30秒で洗顔するようにします。短く感じるかもしれませんが、時間をかけ過ぎると、その分肌は乾燥してしまいます。

すすぎ残しがないように流水ですすぎ、清潔なタオルで優しく水分を拭き取ります。洗顔後には化粧水で保湿、乳液で肌にフタをして完了です。

メンズオールインワン化粧品おすすめランキング2019!たった1本の簡単スキンケアを始めよう
メンズオールインワン化粧品おすすめランキング2019!たった1本の簡単スキンケアを始めよう

正しくシェービングはできている?

正しくシェービングはできている?

毎朝の習慣ともいえる髭剃り。間違った方法でシェービングしていると、肌へのダメージは相当なものです。

シェービング前には必ずシェービング剤を使いましょう。カミソリ派の人だけではなく、電気シェーバーを使っている人もプレシェーブローションを使い、肌への負担を軽減しましょう。

そして、カミソリやシェーバーのお手入れは丁寧にして、切れ味を維持することも重要です。

毎日のシェービングで肌荒れを繰り返している、もしくは青髭を解消してツルツル肌になりたいという男性には、ヒゲ脱毛もおすすめです。

髭脱毛 おすすめ ランキング
【2019年決定版】ヒゲ脱毛おすすめランキング!口コミから効果・値段を徹底比較

紫外線のケアはしている?

紫外線のケアはしている?

適度に日焼けしている方が男らしくてカッコイイと思っていませんか?ですが、紫外線ケアをしていないと、紫外線によるリスクも大きくなります。

一番のリスクは、肌の老化です。シミやシワ、くすみなど健康的な肌とは程遠くなってしまうのです。

紫外線のケアといえば、日焼け止めクリームが主流ですが、これは夏だけではなく冬にも塗るのが理想です。というのも、紫外線は一年中降り注いでいるからです。

日常生活では、SPFやPAの数値が低いもので十分なので、日頃から日焼け止めクリームを使う習慣を身につけましょう。

そして、日焼け止めクリームを塗った日には、メイク落としでクレンジングすることをお忘れなく。

【2019年最新】おすすめのメンズ用日焼け止めランキング!男性のUVケアに最適なアイテムと選び方を解説
【2019年最新】おすすめのメンズ日焼け止めランキング!男性のUVケアに最適なアイテムと選び方を解説

まとめ:男のメイクはTPOをわきまえる必要がある!

今ではポピュラーになりつつある男のメイクですが、人によっては否定的な考えを持っているのも事実。

ですが、自分に合ったメイク道具とメイク方法を見つけることができれば、自分のコンプレックスを解消して、自信を持って人前に立つことができるのです。

大切なのは、TPOをわきまえてメイクすること。

日常生活でメイクするのは難しい、という人は、眉毛ケアから始めてみてはいかがでしょうか?

ボサボサ眉を整えるだけでも、顔つきがキリッと引き締まって見えますよ。

参考リンク

外見を磨くだけでなく、内面を磨くのも重要。外見&内面の両方からかっこいい男になりたいという方は、以下の記事をご覧ください。

外見も内面もイケメンになる5つの方法!今からでも努力でイケメンになれる!
外見も内面もイケメンになる5つの方法!今からでも努力でイケメンになれる!
ABOUT ME
YUKI
YUKI
男性向けメディア「DanLead」の恋愛コラムを担当する32歳。恋愛経験豊富なアラサー丸の内OLが毒舌で男の恋愛を語ります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です